外資系企業動向

環境・気候変動のリスク評価を行う米国Four Twenty Seven, Inc.が神奈川県横浜市に日本法人を設立

2021年05月19日

Four Twenty Seven, Inc.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、2012年に設立され米国カリフォルニア州に本社を構える天候・環境リスクデータ分析、評価データ提供を行う企業。

同社は、地球の気候変動による天災から受ける将来的な経済的リスクを、ビッグデータと気候モデルから分析・評価し、データとして顧客へ提供する。年金ポートフォリオや不動産などの資産に対する、将来的な自然災害による物理的リスクを計算し、対策を取るのに有益なデータとアプリケーションである。

拠点設立
2020/01
進出先
神奈川県

  • ICT
  • サービス
  • 金融/保険
  • 米国

深刻な気候リスク、災害リスクに日々にさらされている日本は、同社のデータ分析サービスからメリットを受ける市場の余地が大いにあるとの判断から、日本市場向けに事業展開してゆく目的で2020年1月に日本法人を設立。2021年より本格的に事業展開を開始した。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)では、コンサルテーション(税務)、サービスプロバイダ(税理士、銀行)の紹介を行った。

天災ハザードのリスクを分析する

気候変動による保有証券のリスク表

日本での拠点設立をサポートします

ジェトロIBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームでのお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

お問い合わせフォーム

お電話でのお問い合わせ

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分
(土日、祝祭日・年末年始を除く)