更新情報車載用電子機器・車両診断システムなどを開発するフランス企業ACTIAが横浜に日本法人を設立

2020年04月20日

ACTIA外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、自動車や鉄道、航空、宇宙、防衛、エネルギ―、通信分野における電子機器の設計、製造および運用・サポートを行うフランス企業。1986年に設立された家族経営の中堅企業で、現在は世界16ヵ国に24拠点を構え、従業員数は全世界で3,700名を超える。自動車部門と通信部門の二部門があり、自動車部門では世界中の自動車メーカー(乗用車のみならずトラック、バス、建機、農機、特殊車両など)を顧客に持ち、自動車向けのテレマティクスシステム(注)、ダッシュボードやオンボードエンターテイメントなどのヒューマンマシーンインターフェース、マルチプレクス(多重化)電子アーキテクチャ、電動化(eモビリティ)およびその組み込み部品や検査機器(スキャンツール)などの車載用電子機器・車両診断システムの開発を行っている。

ACTIAのロゴ

同社のテレマティクスシステムは、様々な大手自動車メーカーに採用され、トラックやバスの市場では世界のリーダーとしての地位を確立している。また、世界初の自動車のサービス用診断ツールを発明した企業として、車両診断分野で30年の経験があり、世界のトッププレイヤーとして自動車メーカーや整備場などのアフターマーケットの関連会社の信頼を受けている。

自動車のサイバーセキュリティ、安全およびデータ通信の規制と標準の作成に積極的に関与しているため、市場のニーズを事前に把握することで常に最新のソリューションを提供してきた。

同社は2017年、日本に駐在員事務所を設立し、市場調査および情報収集を始めた。その結果、車載電子システムおよび車載診断装置、制御装置の日本市場での販売拡大や現地での顧客のサポートを目的に、2019年9月、神奈川県・横浜市にACTIA Japan株式会社を設立した。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、コンサルテーション(登記、労務)、情報提供(市場、自治体インセンティブ、採用)、サービスプロバイダー(不動産会社)、地方自治体の紹介などを行った。

  1. (注)

    テレマティクスとは、通信やGPS機能を備えた車載機を搭載することで、車両の運行状況を容易に取得することが可能となる技術。

Podium 2: バス用のモジュール式でエルゴノミック(人間工学的)なダッシュボード

生産能力:3つの SMD(表面実装デバイス)
プラント/ 世界各地での生産パートナー

ACTIA は 1985 年に世界で最初の診断ツールを開発し、今では車両の全ライフサイクルで診断ソリューションを提供できます

高度なサイバーセキュリティ機能を備えた様々なタイプの車両向けのテレマティクスソリューション /トラック用テレマティクスのリーディングカンパニー


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)