更新情報Salesforceのアプリ開発、コンサルティング、実装をリードする米国企業Cadalys Inc.(カダリス)が東京に株式会社を設立

2020年01月27日

2008年にサンフランシスコで設立されたCadalys Inc.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、Cadalys Conciergeと呼ばれる、次世代ヘルプセンターソリューションをSalesforceプラットフォーム上にAppExchangeアプリケーションとして提供している。Software as a Service (SaaS)の代名詞とも言えるSalesforceは、現在全世界で18万社以上が導入している。Cadalys Conciergeは、これらの企業の従業員がSalesforce上で問題に直面した際に自分で解決策を暗中模索する必要なく、キーワードマッチング+評価機能+検索結果のパーソナライゼーション+推奨アクションの組み合わせによってコンシェルジュ機能化できるソリューションである。

Cadalys Inc.のロゴ

2017年11月にユニリーバがCadalys Conciergeを採用し、まず約60,000人の従業員の初期展開を実施した。3年間にわたりロールアウトされ、現在世界96ヵ国の従業員が利用中である。問題解決の副産物としてコンテンツを社内のナレッジベースとして蓄積し、ニーズと評価に基づいて進化させ、現在までの組織の集合的経験を更新し、学習、協力、共有、改善を認識しようとするKnowledge-Centered Service(KCS)の方法論に基づいたこのアプローチは、点在する問題解決方法を「自分で探す」常識を覆し、「調べもの」に費やす時間を削減することで労働生産性を向上するスマートオフィス・バックオフィスツールといえる。

日本での新規顧客発掘および事業拡大のため、2019年2月に東京都港区に、同社初の海外拠点となる「カダリス株式会社」を設立した。
また2020年3月には、ITサービスのベストプラクティスを収集したITインフラストラクチャ・ライブラリ(ITIL)をベースとしたITサービスマネージメント(ITSM)アプリケーションをSalesforce AppExchangeアプリケーションとしてリリースする予定。これまでのConciergeで培ってきた企業向けソリューション提供経験を活かし、サービス品質の向上を図りたい日本の企業向けに提供を開始しデジタルトランスフォーメーションを促進する狙いだ。

コンシェルジュの検索画面

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、テンポラリーオフィスの貸与およびコンサルテーション(労務)を行った。

Service Management (ITSMアプリケーション)画面例


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)