1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 更新情報
  4. 2020年
  5. フレキシブルテクノロジー業界のパイオニアであるロヨルが東京に日本法人を設立

更新情報フレキシブルテクノロジー業界のパイオニアであるロヨルが東京に日本法人を設立

2020年06月09日

ロヨルのロゴ

人々が世界を体験し、交流する方法を変革するフレキシブルテクノロジー業界のパイオニアとして深圳柔宇科技有限公司(以下、ロヨル)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、独自のフレキシブル技術を活用して、完全にフレキシブルなディスプレイ(※柔軟に変形可能なディスプレイ)やフレキシブルセンサー(※柔軟性のあるセンサー)、折り畳み式スマートフォンなどあらゆる種類の次世代ヒューマン・マシン・インターフェース製品を提供している。また、スマートモバイルデバイス、スマート交通、メディア・エンターテイメント、スポーツ・ファッション、スマートホーム、オフィス・教育の6つの産業において、顧客に合わせたソリューションを提供している。

2012年に設立されたロヨルは、深圳、香港、カリフォルニア州にオフィスを構え、中国国内外で3,000件以上の知的財産権を保有している。同社の製品は世界20以上の国と地域で販売されている。

ロヨルは2014年に世界最薄の厚さ0.01mmのフルカラー有機ELフレキシブルディスプレイとフレキシブルセンサーを開発し、今年初めには最新・最高性能の第3世代フルフレキシブルディスプレイ「Cicada Wing®」の販売を開始した。同社は、独自のフレキシブルエレクトロニクスを活かし、世界初の折り畳み式スマートフォン、スマート手書きパッドなど、最先端のコンシューマー製品を次々と市場に送り出した。2020年には、プロセッサの性能、機能、デザインを大幅にアップグレードした折り畳み式スマートフォン「FlexPai 2」とスマート手書きパッド「RoWrite 2」に加え、オーディオブランドと提携したスマートスピーカー「Mirage」が発表された。

フレキシブルディスプレイを製造しているロヨル国際キャンパス

日本での販路拡大を目的に、2020年1月に日本法人のロヨルジャパン株式会社外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(東京都千代田区)を設立した。

日本法人の設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、テンポラリーオフィスの貸与、ビジネスマッチング、サービスプロバイダ(中小企業診断士)の紹介、PR支援などを行った。


世界初の折り畳み式スマートフォン「FlexPai」


厚さ0.01mmの世界最薄フルカラー有機ELフレキシブルディスプレイ


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)