更新情報AIによるエクスペリエンスデータの分析と改善アクションプランをクラウドで提供する米国企業Qualtrics LLCが事業好調により日本事業拡大を検討

2020年10月28日

クアルトリクス合同会社のロゴ

Qualtrics LLC外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは2002年米国ユタ州に設立。調査の実施・分析から、その結果に基づいた改善アクションの提示までを同一プラットフォームで行うソフトウェアの開発・販売を行う企業。
同社のソフトウェアは高度なAI機能を備えたクラウドベースのサービス。ユーザーはソフトウェアを導入することで、ユーザーの顧客や従業員の声を収集し、その声に基づいた行動を取ることができる。彼らの声を収集することで、ユーザーが行った施策に対する反応をよりリアルタイムに把握でき、問題があれば軌道修正を行うなど、期待に的確に応えることが可能となる。リアルタイムで調査とAIによるデータ分析を容易に利用できるため調査と集計に時間がかからず、調査結果に基づいた改善アクションを迅速に行う点に特徴がある。
同社システムのエクスペリエンスマネジメント(XM)プラットフォームでは、まずメールやWebサイト、モバイルアプリなどを使って顧客や従業員に対しアンケートを実施する。分析自体はAIが行うため、膨大な量のデータでもリアルタイムで分析が可能。分析の結果を受けて、問題点の改善に向けたアクションを設定するなど、継続的な改善に向けたPDCAサイクルを回していく。また、そこで収集されたXデータ(注1)を業務データ(Oデータ、注2)と突き合わせるかたちで統合分析を行うことで、顧客や従業員が一定の行動を取った際に「なぜそのような行動を取ったか」を解明することが可能となる。

同社日本法人クアルトリクス合同会社は2016年9月東京都に設立したのち、2018年1月より本格的に日本での事業を開始。2019年には社員とオフィスの拡充を行い、順調に顧客を獲得。今後も社員増などの日本への投資を検討する。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、市場情報の提供(IT市場、サービスオフィス)、PR支援を行った。

(注1)Xデータとは、Experience Data、すなわち顧客や従業員などの声など、感情に直結した情報を指す。Xデータは、Oデータに表れている結果が「なぜ起こったのか」を知るうえで有用であり、そこから未来の動向を知ることができる。
(注2)Oデータとは、Operational Data、すなわち各企業が持つ事実を理解するための売上データや顧客データを指す。


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)