更新情報STEAM教育用教材を提供するロシアのスタートアップ、JSC Robboが福岡県に日本法人を設立

2020年12月03日

JSC Robboのロゴ

JSC Robbo外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます(以下、Robbo社)は2000年にサンクトペテルブルク(ロシア)で設立された、5歳~15歳の児童向けロボット製作キットと教育・学習プログラムを提供するスタートアップ。ロシアに本社を構えながら、発想力、論理力、表現力、批判的思考力、コミュニケーション力という5つの項目を重視するフィンランドの教育メソッドを採用しており、オリジナルのプログラムを英語で作成している。また、欧州連合から補助を受け、Industry4.0に関わる新しいカリキュラムも開発している。同社の教材はフィンランド国内だけで60ヵ所以上の学校に同社の教材が導入されているほか、欧米20ヵ国以上で販売されている。

Robbo社の教材の強みはハード、ソフトともにオープンソースを活用している点にある。ロボット分野の製品は特許で守られている場合が多くユーザーによる調整は難しいが、同社の場合はオープンソースを活用しているためユーザーが自由に加工・応用することができる。加えて製品のレベル設定が12段階と幅広く、学習者のレベルに合わせて様々な形に応用・格上げしていくことが可能であるため、児童の興味や関心が他社製品よりも長く継続し、5歳から15歳までを対象としている。

日本で同社のロボット製作キットの販売及び、教育プログラムの中でも特に需要の高いプログラミング・3Dモデリング・電子回路設計クラスを提供するため、2019年11月にROBBO JAPAN株式会社を福岡県に設立した。また、日本では教育機関向けのROBBO Class、とフランチャイズのROBBO Clubを展開し、加えて、教材の活用に関心のある教育機関を募集し、共同で経済産業省が進めているEdTech補助金事業への申請を行う予定である。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)では、PR支援を行った。


3Dモデリング


Robbot KitとLab


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)