更新情報量子コンピューティングシステムの開発をリードするカナダのD-Wave Systems Inc.が日本法人事業を順調に拡大

2020年11月30日

D-Wave Systems Incのロゴ

D-Wave Systems Inc.外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは1999年に設立され、カナダのブリティッシュコロンビア州に本社を置く。2011年に量子アニーリング*技術を用いた世界初の量子コンピュータを商品化して以来、さまざまな領域の複雑な問題を解決する量子コンピューティングシステムやソフトウェアの開発に注力してきた。2020年9月末には、5000ビット以上の量子ビット数と15通りの接続性を備えた量子コンピュータ「Advantage™」と、最大100万個の変数を持つビジネスサイズの問題を実行できるハイブリッド量子ソルバーの新サービスを発表した。

同社の量子コンピューティング技術は、量子クラウドサービス「Leap™」でクラウド上で利用可能。D-Waveの技術は、大規模な組合せ最適化問題や機械学習への応用として、創薬、分子シミュレーション、ポートフォリオ管理、レコメンデーションシステム、工場での経路探索、都市での交通流制御など、すでに様々な分野で利用されている。また、多くの日本企業が知識やノウハウの拡充に伴い、有用な応用事例の情報を蓄積している。

これまでに250以上の初期アプリケーションがD-Waveの量子技術を使って稼働しており、ロッキード・マーチンやフォルクスワーゲンなどの大企業から、ユーリッヒ研究センターなどの研究機関まで幅広い顧客を有する。2020年にはNECとD-Waveで、古典計算機と量子計算機の長所を組み合わせた量子/古典ハイブリッド技術とサービスの開発、それらを活用した新しいハイブリッドアプリケーションの開発、量子コンピューティングの普及に向けた共同マーケティング・営業活動を行うことを発表した。

また東北大学発ベンチャー企業の株式会社シグマアイとD-Waveは、デンソーや京セラなどの企業が参画するかたちで、津波などの災害時の避難経路の最適化といった量子アニーリングの応用研究を進めてきた。産業応用による社会実装をさらに推し進めるため、2019年6月に東京都にD-Wave Japan株式会社を設立した。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、コンサルテーション(登記、税務、労務)の提供、サービスプロバイダー(税理士、不動産会社)の紹介、情報提供(市場)を行った。


量子コンピュータのチップと内部構造


2020年新 "モデル(アドバンテージ)"のチップと概要

*量子アニーリング:日本で考案された量子コンピュータの一種で、組合せ最適化や機械学習などの問題に特化したもの。極低温・超高真空環境下で超伝導量子ビット(qubits)を用いて、0と1の重畳特性を利用して、量子ビットを実現する。量子ビットの0と1の重ね合わせ特性を利用して、従来の計算機では複雑すぎる組合せ最適化問題の高速計算を実現する。金属加工分野の「焼きなまし」(材料の内部応力を除去して硬度を下げ、延性を向上させる熱処理)に由来する。


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)