更新情報再生誘導医薬品の開発展開を行う米国・セントラルフロリダ大学医学部発ベンチャー企業 Progenicyte(プロジェニサイト)が神戸医療産業都市に株式会社を設立

2020年03月04日

Progenicyte(プロジェニサイト)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、セントラルフロリダ大学医学部教授・同大学脳神経科学研究所所長の菅谷公伸博士が研究開発を行った化合物および最先端の医療技術(国際特許数28、申請中を含めると60以上)の市場展開を行っている。 現在は、内因性脳神経幹細胞を増殖させ、アルツハイマー・パーキンソンを始めとした、治療困難な脳神経疾患を治癒へと導く再生誘導医薬品「KS-217」の展開に注力している。同医薬品は、細胞培養や手術を行う必要がない経口薬であることが特徴で、動物実験において高い効果が確認され、かつ副作用が無い事が実証されている。また、本化合物は内因性間葉系幹細胞をも増殖させることが実証されており、脳神経疾患の治療のみならず、局所適用で育毛促進、肌の若返り、そして移植を行わずに網膜の再生や骨折治療などができる可能性がある。

Progenicyteのロゴ

これらの研究開発へ向けて出資や共同研究などを行う日本のパートナー企業を探し、科学技術の社会への還元を目標として、2020年1月、兵庫県の神戸医療産業都市内に、同社初の海外拠点となる日本法人株式会社プロジェニサイトジャパン外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを設立した。日本拠点設立を通じて、KS-217の市場展開、大学発新医療技術展開、特許実施許諾事業を中心に、患者や家族を救うことで豊かな「人生100年時代」実現への貢献を目指す。

同社の日本法人設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)では、テンポラリーオフィスの貸与、コンサルテーション(登記)、ビジネスマッチング、情報提供(市場)、広報・PR協力、地方自治体紹介の支援を行った。

幹細胞由来の新しい神経 (青:神経核、緑:新規の神経マーカー、β3チューブリン)


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)