更新情報デンマークの風力発電設備メーカーのMHI Vestas Offshore Windが東京に株式会社を設立

2019年11月26日

MHI Vestas Offshore Windのロゴ MHI Vestas Offshore Wind A/S外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、洋上風車の設計、製造、建設、サービスまで一貫して手掛けるデンマーク企業。風力発電機で世界トップシェアを誇るデンマークのVestas Wind Systemsと三菱重工株式会社による合弁会社(折半出資)として、2014年にデンマークのオーフス市で設立された。同社は、デンマークに2カ所、英国に1カ所の直営工場とデンマークに洋上風車の先行組み立て出荷基地を持っている。

デンマークは、再生可能エネルギーの分野では先進国であり、2018年には風力発電量が国内の総消費電力量の41%に達している。洋上風車プロジェクトは、陸上に比べて一般的に風況が良く、土地や輸送面での制約が少ないためタービンやプロジェクト規模の大型化が可能。他方で、建設・運転保守ともアクセスの困難な海上での作業となり、天候にも左右されるため、工事の難度・リスクが大きい。しかし、同社には、長年に渡る洋上での建設、工程管理、そしてオペレーション・メンテナンス(O&M)の経験で培った豊富な人材とノウハウ、データがある。特に、同社が常時運転を監視している風車の運転・保守データは、世界中の気象データと併せスーパーコンピューターに蓄積されており、このビッグ・データを風車の設計開発、風力発電プロジェクトの配置検討、機器テストのシミュレーション等にフル活用できることも同社の強みである。

同社は、英国、ベルギー、ドイツ等欧州で洋上風力発電事業を拡大してきた。また、2022年には台湾で建設計画が進められている洋上風力発電所向けに設備を納入する予定で、アジアでも販路を拡大している。アジアの有望市場とみる日本においても拠点を設置し、市場へ参入することを決定。2018年4月、東京にMHIヴェスタスオフショアウィンドジャパン株式会社を設立した。日本法人設立により、日本の洋上風力プロジェクトに同社の発電用風車を納入し、建設やO&Mサービスを提供する。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、テンポラリーオフィスの貸与、拠点設立に係るコンサルテーション(登記・ビザ、税務、労務)、市場情報及び建設業の許認可に関する情報提供、サービスプロバイダ(行政書士、税理士、社労士、人材紹介会社)の紹介等の支援を提供した。

洋上風力発電


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

電話がつながりにくいときは、「お問い合わせフォーム」からご連絡ください。

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)