1. サイトトップ
  2. 外国企業誘致
  3. 更新情報
  4. 2019年
  5. シンガポールのフィンテック企業Moneythorが東京に株式会社を設立

更新情報シンガポールのフィンテック企業Moneythorが東京に株式会社を設立

2019年12月11日

Moneythor外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますは、2013年にシンガポールで設立されたフィンテック企業。同社は、オンラインバンキングにおける顧客エンゲージメント(商品やサービスを提供する企業と顧客との間の信頼関係)を高めるためのソフトウェアを開発、提供している。同社が提供するエンジンは、金融機関が保有するデジタルチャネル上で、データ分析を活用して各顧客にパーソナライズしたおすすめを短期間で送ることができる。金融機関のテクノロジーに15年以上携わってきたエンジニアである創業者3人が創業して以来、DBS銀行をはじめとしたデジタルチャネル戦略で先行する海外の大手金融機関など30社に採用されている。

日本では、2017年に東京都が初めて開催したアクセラレータプログラム「フィンテックビジネスキャンプ東京」に選ばれ参加し、また日本におけるフィンテックの登竜門と言われるピッチイベント「FIBC」でファイナリストとして2019年3月に登壇するなど日本市場に参入する準備を進めていた。Plug and Play Japanが運営するアクセラレーションプログラム Summer/Fall 2019 Fintech Batch 3にも選ばれ、参加企業との連携協議を実施している。

Moneythorのロゴ

近年の低金利で利益機会が縮小する中、銀行では支店業務の効率化が進められている。支店に代わる顧客接点として、新たな利益機会を創出するデジタルチャネルの強化が進んでいる。このような日本市場でのニーズの高まりを受け、2019年6月、東京にマネーソー株式会社を設立した。これまでのDBS、Standard Chartered、ANZ銀行を含むアジア大洋州・欧州・北米にわたる大手金融機関での実績を活かし、デジタルとデータを活用した顧客関係強化支援サービスの提供を、日本の金融機関向けに本格的に開始する狙いだ。

同社の日本拠点設立に際し、ジェトロ対日投資・ビジネスサポートセンター(IBSC)は、テンポラリーオフィスの貸与、コンサルテーション(登記、税務)、ビジネスマッチング、サービスプロバイダ(行政書士、税理士、社労士、銀行、弁護士、PR会社)の紹介を行った。


デジタルバンキング


IBSCでは、外国企業・在日外資系企業向けに、拠点設立に伴う登記手続やビザ申請等のサポートなど、企業のニーズやビジネスフェーズに合せた各種支援メニューを用意しています。

お問い合わせ

フォームによるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

お電話によるお問い合わせ

ジェトロ対日投資部

拠点設立・事業拡大のご相談:外国企業支援課
Tel:03-3582-4684

自治体向けサポート:地域連携課
Tel:03-3582-5234

その他の対日投資に関するお問い合わせ:対日投資課
Tel:03-3582-5571

受付時間

平日9時00分~12時00分/13時00分~17時00分(土日、祝祭日・年末年始を除く)