1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. インドネシア、香港、ペルーとのFTA/EPAが豪議会を通過

インドネシア、香港、ペルーとのFTA/EPAが豪議会を通過

(オーストラリア、インドネシア、香港、ペルー)

シドニー発

2019年12月03日

オーストラリア政府は11月26日、インドネシア、香港、ペルー各国・地域との自由貿易協定(FTA)/経済連携協定(EPA)の批准に関する法案が連邦議会を通過したと発表した。今後、批准に向けた最終作業を2019年末までに終える予定だ。香港とペルーは既にそれぞれ批准手続きを済ませており、インドネシアについては国内手続きが2020年初頭に完了する予定となっている。

インドネシアとは、2019年3月4日にオーストラリア・インドネシア包括的経済連携協定(IA-CEPA)に署名済み(2019年3月12日記事参照)で、本協定によって、インドネシア産品は全ての品目でオーストラリア側の関税が撤廃され、オーストラリア産品の99%の品目でインドネシア側の関税が2020年までに撤廃されるか、大幅に改善された優遇措置を受けられる。

香港とは、2019年3月26日にオーストラリア・香港自由貿易協定(A-HKFTA)に署名済み(2019年4月2日記事参照)で、本協定ではサービス貿易や投資分野における条件が緩和されることから、eコマースなどのデジタル経済における取引やデータの自由な移動が促進されることが期待されている。

ペルーとは、2017年11月にペルー・オーストラリア自由貿易協定(PAFTA)に合意(2017年12月26日記事参照)し、2018年2月に署名済みだった。本協定によって、オーストラリアの農家だけでなく、鉱業や教育などに関連するサービス事業者にとって、新しい市場への参入機会が提供される。

サイモン・バーミンガム貿易・観光・投資相は「これらのFTA/EPAによって、オーストラリアの輸出企業や農家へより多くのビジネス機会を提供し、雇用と投資を増やすことができる」と述べ、特にインドネシアについては「世界で最も急速に成長している経済の1つで、穀物、牛肉、乳製品、園芸などに対する関税の削減によって、オーストラリアの農家は多くの恩恵を受ける」と強調した。

(住裕美)

(オーストラリア、インドネシア、香港、ペルー)

ビジネス短信 3274bf69659772b8

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp