1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ペルーへの農産物輸出拡大を期待、CPTPPの先駆けに-オーストラリア側からみるPAFTA締結-

ペルーへの農産物輸出拡大を期待、CPTPPの先駆けに-オーストラリア側からみるPAFTA締結-

(オーストラリア、ペルー)

シドニー発

2017年12月26日

オーストラリアとペルーは11月10日、2国間自由貿易協定(FTA)締結の合意に至り、オーストラリアにとって、南米地域ではチリに続く2番目の2国間FTA締結国となる見込みだ。オーストラリア外務貿易省は声明の中で、「包括的および先進的な環太平洋パートナーシップ協定(CPTPP)」にも言及し、「ペルー・オーストラリアFTA(PAFTA)は、南米諸国との経済連携強化に資するもので、CPTPPによる恩恵獲得というオーストラリアの目標を補完、後押しするものだ」とコメントしている。

5年以内に99%の品目が関税撤廃

ペルー・オーストラリアFTA(PAFTA)は2017年5月に交渉を開始し、複数回の交渉を経た後、APEC首脳会議(11月10~11日)において、両国首相から合意が発表された(2017年11月28日記事参照)。交渉開始から半年弱での合意は、オーストラリアが締結したFTAの中で最短の交渉期間だ。

PAFTAの合意内容をみると、オーストラリアからの輸出品目の99%が5年以内に関税撤廃され、特にオーストラリアの農産物に対してペルーが大規模な関税優遇措置を実施することとなった。主な農産物では、砂糖、乳製品、コメ、ソルガム、牛肉(切り身)、羊肉、水産物、アーモンド、ワインなどの関税が撤廃または無税枠数量が設定された(表参照)。

表 ペルー・オーストラリアFTAにおけるペルーの関税撤廃措置(主要農産物)
品目 概要
砂糖 協定発効時、3万トンの無税枠を設定。
5年以内に6万トン、18年以内に9万トンへ拡大。
乳製品 協定発効時、7,000トンの無税枠を設定。
5年以内に1万トンへ拡大。
コメ 協定発効時、9,000トンの無税枠を設定。
5年以内に1万4,000トンへ拡大。
ソルガム 協定発効時、1万5,000トンの無税枠を設定。
5年以内に2万トンへ拡大。
牛肉(切り身) 5年以内に撤廃(現行関税:最大17%)。
羊肉 協定発効時に撤廃(現行関税:最大9%)。
水産物 協定発効時に撤廃(現行関税:最大9%)。
アーモンド 協定発効時に撤廃(現行関税:最大9%)。
ワイン 商業用ワインは協定発効時に撤廃。
他のものは5年以内に段階的に撤廃(現行関税:最大9%)。

(出所)オーストラリア外務貿易省の資料

他の品目では、鉄鉱石、銅、ニッケル、石炭、鉱物性油(石油など)の関税が即時撤廃される。

中南米の足掛かりとなるペルー市場

オーストラリア外務貿易省(DFAT)によると、ペルーのGDPは189億米ドルとベトナムに匹敵する規模があり、過去10年間では中南米および世界でも急速に経済発展を遂げている国の1つだ。オーストラリアとペルー間の貿易額(往復)は、2016年においては前年比51.2%増の5億9,000万オーストラリア・ドル(約513億3,000万円、豪ドル、1豪ドル=約87円)と大幅に増加しており、ペルーとFTAを締結することで、オーストラリア企業が「ダイナミック」な中南米市場進出への足掛かりになると説明している。さらに、ペルーの量販店から既に、オーストラリアの牛肉生産者に対する引き合いが寄せられていると紹介している。

現地の公共放送ABCは「ペルーは約60億豪ドルの農産物を輸入する食料輸入国(2016年)だが、オーストラリア産農産物に対する高関税や米国などへの関税優遇措置の結果、オーストラリア産農産物の輸入額は約530万豪ドル(全体の0.09%)にすぎない」とし、「北米が市場開放に消極的な姿勢をみせている中、中南米市場は成長市場と捉えている。PAFTA合意によるペルー市場の開放は、オーストラリアの生産者や業界関係者にとって朗報」と、オーストラリアにおける農産物輸出の中心地であるクイーンズランド州政府要人や業界関係者の歓迎の声を報じた。

CPTPPを見据えた先駆者利益も視野に

DFATは、CPTPPへの影響についても言及した。オーストラリアは、自由貿易を推進し、各国とFTA/経済連携協定(EPA)を締結することで経済発展を遂げてきた。元の環太平洋パートナーシップ(TPP)参加国においても、FTA締結済みの米国、ニュージーランド、チリに加え、近年の日本、今回のペルーのように、個別にCPTPPに準ずる(場合によっては上回る)条件でFTAを締結することによって、CPTPPの推進のみならず、CPTPP発効後を見据えた「先駆者利益」を視野に入れているとした。

なお、オーストラリアが進めるFTA/EPAの状況は次のとおり。

○交渉中:湾岸協力会議(GCC)、太平洋諸国経済緊密化協定(PACER Plus)、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、インド、インドネシア、香港、太平洋同盟

○検討中:EU、英国

(藤原琢也)

(オーストラリア、ペルー)

ビジネス短信 20222407aa7e5514

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp