1. サイトトップ
  2. 海外ビジネス情報
  3. 地域・分析レポート
  4. 特集
  5. アフリカ進出における現地・第三国企業との連携可能性

特集 アフリカ進出における現地・第三国企業との連携可能性

各国企業の経験に学び、協力する

近年は日本企業のアフリカへの関心が高まりつつあるが、欧米やアジアなど諸外国と比べれば、さらなるビジネス拡大の余地はあるとみられる。日本企業がアフリカビジネスを活発化させるには、外資企業や地場企業との連携も選択肢の1つだろう。
本特集はかかる認識の下、アフリカ経営トップや先行する第三国企業へのインタビュー等のエッセンスを紹介し、日本企業が現地・第三国企業と連携してアフリカにアプローチする可能性を模索する。

2018年7月13日

この特集の記事

各国企業の特徴からみる連携のメリット
アフリカ市場で競争が激化する中、日本企業はどのように取り組んでいくべきか。第三国企業との連携によるアフリカ市場へのアプローチの可能性を模索するため、13カ国で50以上の企業・団体を対象にヒアリングを実施、「目からうろこ」となるヒントが得られた。
アフリカ経営トップに聞くビジネスの極意
  • ファサード建築からスタートし大手ゼネコンに(モロッコ)
  • 安全と品質管理でエジプトの発展に貢献(エジプト)
  • エチオピア初のオンライン料理配達サービス(エチオピア)
  • 品質にこだわった乳製品の大量生産を実現(ケニア)
  • 拡大するICT 市場と若手起業家の広がり(南アフリカ共和国)
  • 小規模農家を育成し、高品質な農産物を販売(ナイジェリア)
  • 国産チョコレートをニッチ市場に売り込み(コートジボワール)
  • 幅広く事業を展開、「垂直統合」でさらなる成長目指す(カメルーン)
第三国企業に聞く日系企業との連携に対する期待
  • 英国企業へのインタビュー
  • フランス企業へのインタビュー
  • スイス企業へのインタビュー
  • トルコ企業へのインタビュー
  • インド企業へのインタビュー
  • 南アフリカ共和国企業へのインタビュー
「アフリカ主要企業リスト」の紹介
アフリカ24カ国の有力企業約680社を、関心分野や日本との連携可能性も含めてリスト化した。各社の事業概要のみならず、関心分野や日本との連携可能性も紹介している。日本企業がアフリカビジネスに取り組む際、現地パートナー選定の参考となるだろう。

この情報はお役に立ちましたか?

役立った

役立たなかった

ご質問・お問い合わせ