1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 調査レポート
  4. EUカナダ包括的経済貿易協定(CETA)による農産品の関税引き下げの見通しと主要点(2017年11月)

EUカナダ包括的経済貿易協定(CETA)による農産品の関税引き下げの見通しと主要点(2017年11月)

2017年11月07日

最終更新日:

2017年9月21日に暫定適用が開始されたEU・カナダ包括的経済貿易協定(CETA)は、EUがG7参加国と締結した、最初の自由貿易協定となる。本レポートでは、交渉中、一時期調整が難航した、農産品の重要品目を中心に、関税率の引き下げ・撤廃スケジュール、および原産地規則を取りまとめた。加えて農産品の地理的表示の保護に関する概要や、EU域内の農協関連団体のCETAに関する見解を概説した。

CETAに対するカナダ側産業界の反響については、ジェトロがCETAの原則合意(2013年10月)後の2014年2月にカナダの産業団体にCETAの影響について聴取した次の通商弘報記事を参照されたい。

レポートをご覧いただいた後、アンケート新しいウィンドウで開きます(所要時間:約1分)にご協力ください。

発行年月:
2017年11月
作成部署:
ジェトロ欧州ロシアCIS課、ジェトロ・ブリュッセル事務所
総ページ数:
32ページ

関連情報

ご質問・お問い合わせ