1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 欧州
  4. チェコ
  5. 外資に関する規制

外資に関する規制

最終更新日:2021年02月11日

規制業種・禁止業種

金融関係については国立銀行の許認可、軍需産業については産業貿易省の許認可が必要。
金融業者はチェコ国内に登記上の本社を持ち、資本金5億コルナ以上であることなどが条件。
軍需品の貿易は、チェコ国内に登記上の本社がある法人で、資本金に占めるEU域外法人あるいは自然人の出資の割合が49%を超えない法人、またはチェコ国民でチェコ国内に永住権を有する自然人のみが行うことができる。

法律第21/1992「銀行法」現行法第4条 “21/1992 Zákon o Bankách外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます
参考:英訳(国立銀行ウェブサイト) “21/1992 Coll. Act on BanksPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)(652KB)

法律第38/1994「軍事品の外国貿易に関する法律」現行法第6条、第7条
38/1994 Zákon o zahraničním obchodu s vojenským materiálem a o doplnění zákona外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

外国投資審査制度

2021年5月1日の「外国投資スクリーニング法」の発効により、外国投資審査制度が導入される。
審査対象:インフラ、軍事物資、先端技術、メディアなど、チェコの安全保障、国家・公共秩序の面で重要な役割を占めるチェコ企業へのEU域外企業からの投資。

  • チェコあるいはEU域内に立地した企業であっても、その最終所有者が第三国の法人、個人である場合にはEU域外企業とみなされる。
  • 投資企業は、当該投資がチェコの安全保障、国家・公共秩序を脅かす可能性があるか否かを産業貿易省に諮問することができる。諮問がなされなかった投資案件については、産業貿易省が投資終了日の5年後までの期間、審査を開始する権利を持つ。

法律第34/2021「外国投資スクリーニング法」第8条(1)b)、第10条(1)、第30条
34/2021 Zákon o prověřování zahraničních investic a o změně souvisejících zákonů外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

出資比率

100%の出資も可能。

法律第90/2012 「会社法」(外国企業を区別する記載なし)
90/2012 Zákon o obchodních společnostech a družstvech外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

外国企業の土地所有の可否

外国法人も土地取得可能。

土地所有に関して、外国企業を区別する法律はない。

資本金に関する規制

内外資企業は同等に待遇。

法律第90/2012「会社法」(外国企業を区別する記載なし)
90/2012 Zákon o obchodních společnostech a družstvech外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

最低資本金額

株式会社:200万コルナ、あるいは8万ユーロ(企業の経理処理がユーロ建ての場合)
有限会社:1コルナ

法律第90/2012「会社法」第142条、第246条
90/2012 Zákon o obchodních společnostech a družstvech外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

その他規制

特になし。