日本からの輸出に関する制度

鶏卵の輸入規制、輸入手続き

香港の輸入規制

1. 輸入禁止(停止)、制限品目(放射性物質規制等)

調査時点:2017年1月

東京電力福島第一原子力発電所事故の影響により日本から輸入される5県(福島、茨城、栃木、群馬、千葉)の食品のうち家禽卵については、放射性物質検査を行い、香港の放射性物質の基準に適合していることを証明する政府機関発行の証明書が必要です。

また、高病原性鳥インフルエンザの発生により、青森県、新潟県、北海道、宮崎県、熊本県、岐阜県、佐賀県、宮城県、千葉県の殻付き家きん卵・卵製品のうち、一定期間に生産・処理されたものは輸出できません。詳細は動物検疫所のウェブサイト「家きんの畜産物の輸出」を確認してください。

殻付き卵製品(温泉卵、半熟卵等)については、「卵」および「卵製品」のいずれの証明内容で輸出が可能であるかを、輸出者が香港特別行政区政府へ確認する必要があります。

2. 施設登録、商品登録、輸入許可等(登録に必要な書類)

調査時点:2017年1月

香港向け殻付き家きん卵および卵製品をするには、生産施設のある都道府県に「対香港輸出卵取扱施設」の登録を行う必要があります。また、動物検疫所が発行する「輸出検疫証明書」(Export Quarantine Certificate)が必要です。
動物検疫所に輸出検査申請を行う際は、香港特別行政区政府が輸入者に対して発行する輸入許可の写しを提出する必要があります。
殻付き卵製品(温泉卵、半熟卵等)については、「卵」および「卵製品」のいずれの証明内容で輸出が可能であるか、輸出者が香港特別行政区政府へ確認してください。
十分に加熱されたもの等一部の卵製品については、証明書の添付が不要となることがあるため、証明書の要否は輸出者が香港特別行政区政府に確認する必要があります。

3. 動植物検疫の有無

調査時点:2017年1月

日本から香港に鶏卵を輸出する場合、動物検疫所が発行する「輸出検疫証明書」の添付が必要です。香港側での輸入検疫はありません。十分に加熱されたもの等一部の卵製品については、証明書の添付が不要となることがあるため、証明書の要否は輸出者が香港特別行政区政府に確認する必要があります。

品目の定義

本ページで定義する鶏卵のHSコード

0407.11 :殻付きの鳥卵-ふ化用の受精卵-鶏(ガルルス・ドメスティクス)のもの
0407.19 :殻付きの鳥卵-ふ化用の受精卵-その他のもの
0407.21 :殻付きの鳥卵-その他の卵-鶏(ガルルス・ドメスティクス)のもの
0407.29 :殻付きの鳥卵-その他の卵-その他のもの
0407.90 :殻付きの鳥卵-その他のもの
0408.11 :殻付きでない鳥卵および卵黄-卵黄-乾燥したもの
0408.19 :殻付きでない鳥卵および卵黄-卵黄-その他のもの
0408.91 :殻付きでない鳥卵および卵黄-その他のもの-乾燥したもの
0408.99 :殻付きでない鳥卵および卵黄-その他のもの-その他のもの

ご相談・お問い合わせ

現地日系企業の皆様

最寄りのジェトロ事務所にご連絡ください。

マイリスト マイリストを開く 追加

閉じる

マイリスト
マイリスト機能を使ってみませんか?
ジェトロ・ウェブサイトのお好きなページをブックマークできる機能です。
ブックマークするにはお好きなページで追加ボタンを押してください。