1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. 国内事務所
  4. ジェトロ北海道
  5. 道産食品輸出塾(台湾、香港、マレーシア)

道産食品輸出塾(台湾、香港、マレーシア)

台湾、香港、マレーシアへの輸出を目指すみなさまへ
輸出に向けた情報収集、戦略策定、商談成約、現地での商品売り込みまでをトータルサポートします!

ジェトロ北海道と(一社)北海道食産業総合振興機構は、北海道および札幌市の協力のもと、新たに台湾、香港、マレーシアへ道産食品の輸出に取り組む道内事業者や当該国での販路拡大に取り組む道内事業者を対象として「道産食品輸出塾」を設立し、商談準備サポートや国内や海外での商談会等の各種イベントを通して、参加企業の輸出の取り組みをサポートします。

※募集は終了しました。

概要

以下のイベントを開催し、参加事業者の成約を目指します。
また、新輸出大国コンソーシアムの「専門家等による支援」を活用してサポートします。
なお、札幌市内に拠点を置く事業者の方には札幌市の「食品海外コーディネート支援事業(香港、台湾)」等を活用することも可能です。

  1. 事前セミナー・相談会
    現地市場概況や日本食品ニーズに関する情報提供
  2. 商品PR資料作成勉強会
    商談に向けた商品PR資料の作成(専門家指導、翻訳サポート)
  3. 現地市場調査
    ジェトロ海外事務所のブリーフィング・現地市場(小売店舗、レストラン等)の視察、現地企業との意見交換等
  4. 国内商談会(FOOD HOKKAIDO 2018)
    台湾、香港、マレーシアから招へいしたバイヤーと商談(通訳手配)
  5. 貿易実務講座
    現地輸入規制、衛生証明書や原産地証明書等、輸出に必要な書類作成方法等の勉強会
  6. 海外商談会
    現地での商談会(香港:2018年10月中旬、台湾:2018年11月上旬、マレーシア:2019年1月下旬)
  7. フォローアップイベント
    例)小売用商品:現地スーパーマーケットでの販売促進フェア等
    例)業務用商品:現地レストランへの道産食材活用方法の紹介(セミナー等)
  8. 発表会
    本事業を通した輸出への取り組みの発表会

採択予定者数

対象国・地域(台湾、香港、マレーシア)各10社程度(※予定)

  • 新たに輸出に取り組む事業者(NC):各国・地域 3社程度
  • 現地での販路拡大を目指す事業者(通常参加):各国・地域 7社程度

参加費

参加費無料。ただし、参加者各自に負担いただく費用がありますので公募要項をご確認ください。

負担いただく経費の例:
商談に使用する出品物の試食・試飲に係る費用、試食用消耗品(紙皿、紙コップ)
海外商談会参加期間中の盗難保険料、海外旅行保険及び賠償責任保険、宿泊費・現地交通費等

お申し込みについて

「公募要項」PDFファイル(1.5MB)をよくお読みください。
次の応募要件を満たしていない場合はお申し込みいただけませんのでご了承ください。

応募要件
北海道に本社もしくは拠点を有すること。
道内で加工・生産された農水産物・食品の輸出を計画していること。
輸出への強い意欲を有すること。
輸出相手国の検疫、衛生基準等の輸入規制に十分対応できること。
本事業の担当者として2名を配置すること。
「新たに輸出に取り組む事業者」、「現地での販路拡大を目指す事業者」それぞれに設定した参加必須イベント(※公募要領5ページを参照)に予め配置する2名の担当者のうち1名以上は参加すること。
成果把握のために行うアンケート、フォローアップ等への協力に同意していること。
新輸出大国コンソーシアムへの登録企業であること(お申し込み後の登録可)。
反社会的勢力との関係を有していないこと。

その他、「新たに輸出に取り組む事業者(NC)」として応募される方は、以上に加えていつくかの要件を満たす必要があります。詳細は「公募要項」をご確認ください。

応募方法

募集は終了しました。

応募期限

2018年5月11日(金曜)17時00分(必着)

お問い合わせ先

道産食品輸出塾運営事務局(ジェトロ北海道、北海道食産業総合振興機構)
応募受付担当:ジェトロ北海道 青沼
Tel:011-261-7434 / E-mail:SAP@jetro.go.jp
※E-mail でお問い合わせいただく場合は、件名に必ず「道産食品輸出塾について」と記入してください。