1. サイトトップ
  2. 産業別に見る
  3. 農林水産物・食品
  4. 世界の日本食消費市場

世界の日本食消費市場 - 日本の食、世界を食す‐

日本産の食品の輸出拡大を目指すうえで、海外の日本食消費市場の動向や、海外消費者の食生活や日本食に対する意識把握することが重要との観点から、ジェトロは海外主要国の1.日本食の浸透状況、2.現地消費者の食文化や食全般のトレンド、日本食に対する消費者意識3.小売の状況、4.外食産業の状況といった輸出に必要な市場の基礎情報を収集しました。

海外の日本食品消費動向調査

わが国農林水産物・食品の輸出を促進するため、主に近年経済成長の著しい新興市場を対象とし、

  1. 日本食の浸透状況
  2. 現地消費者の食文化や食全般のトレンド
  3. 小売の状況
  4. 外食産業の状況

といった輸出に必要な市場の基礎情報をまとめました。
市場全体の概要を把握するのに便利なレポートです。

アジア・大洋州

スパイスが効いた濃厚なインド料理

インドの小売店に並ぶ日本食材

上海近郊都市 日本料理は身近な存在

欧州・ロシアCIS

ミラノの有機食材店に並ぶ日本食材

北米・中南米

チリの寿司店、寿司食材

中東・アフリカ

日本食品に対する海外消費者アンケート調査

海外の消費者を対象にした日本食品に対する意識調査を実施しました。食品消費習慣や、日本料理および日本産食品に対する評価などの海外消費者の生の声から、消費者需要を把握し、輸出の拡大の一助としていただくことを目的としています。

2013年度

調査期間
2013年12月4日~2013年12月13日
調査手法
海外インターネット調査
調査対象
ロシア、ベトナム、インドネシア、タイ、ブラジル、アラブ首長国連邦在住の10代~50代の消費者計3,000人。※在留邦人を除く。
主な質問内容
(1)好きな外国料理(日本料理含め)、(2)食品購入の習慣、(3)日本産品の消費・購入経験と評価
各国の調査結果レポート

2012年度

調査期間
2012年12月6日~12月20日
調査手法
インターネットアンケート調査
調査対象
中国、香港、台湾、韓国、米国、フランス、イタリアの7カ国・地域在住の20代~50代の消費者計2,800人(各400サンプル×7)。
サンプル数内訳は各年代100(男女各50)とした。※在留邦人を除く。
主な質問内容
(1)好きな外国料理(日本料理含め)、(2)食品購入の習慣、(3)日本産清酒、緑茶等の消費・購入経験と評価、(4)食べたい日本産品
各国の調査結果レポート