ADB、バングラデシュの経済成長率(6.9%)予測を据え置き

(バングラデシュ)

ダッカ発

2022年08月18日

アジア開発銀行(ADB)は、721日に「2022年版アジア経済見通し(補足版)」(2022年8月16日記事参照)を発表した。この中で、南アジアの2022年のGDP成長率を、前回20224月の発表(2022年4月12日記事参照)より0.5ポイント低い6.5%と予測しつつも、バングラデシュについては前回発表の6.9%のGDP成長率予測(2022年4月18日記事参照)を据え置いた。ADBは同調査において、バングラデシュ統計局発表の2021/2022年度(20217月~20226月)成長率の暫定値7.2%を引用し、急速な経済活動の回復や民間投資を背景とした工業分野およびサービス分野の成長や、貿易(2022年7月13日記事参照)の伸長が経済成長の原動力となったと分析した。

バングラデシュの物価上昇率について、2022年予測(6.0%)は据え置きつつ、2023年は、国際的な食糧やディーゼル油・天然ガスを含む資源価格の上昇を受け、わずかに上方修正したと発表した(注)。他方、物価上昇は、食品セクターはじめに顕著にみられる状況で(2022年7月27日記事参照)、市民生活に及ぼす影響など、引き続き注視する必要がありそうだ。

(注)2023年のバングラデシュの物価上昇率は公表されていないものの、南アジア全体では4月から1.1ポイント増の6.6%に上方修正された。

(山田和則)

(バングラデシュ)

ビジネス短信 3aa6a5624a09a427

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp