1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 私用EV充電設備設置の助成予算、申請増を受けて増額

私用EV充電設備設置の助成予算、申請増を受けて増額

(ドイツ)

ミュンヘン発

2021年03月10日

ドイツ交通・デジタルインフラ省は2月26日、2020年11月に開始した私用の電気自動車(EV)充電設備を設置する際の助成制度(2020年12月9日記事参照)の追加予算措置を決定外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。1億ユーロを追加して合計4億ユーロとする。

今回の措置は、この制度への申請の多さに対応したもの。同省によると、2月25日時点で30万件を超える申請があった。制度では充電設備ごとに900ユーロを助成するため、申請分だけで合計2億7,000万ユーロとなり、予算が足りなくなる恐れがあった。

助成は私用のEV充電設備費用、設置・接続費用などに対して行われ、条件として、(1)支出費用総額が助成額である900ユーロ以上、(2)11キロワット以上の出力、(3)100%再生可能エネルギーによる電力を利用、(4)電力系統との需給調整が可能なことなどがある。助成金はドイツ復興金融公庫(KfW)のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますから申請できる。

アンドレアス・ショイヤー交通・デジタルインフラ相は今回の予算追加措置について、「全国を網羅し、利用者が使いやすい充電インフラの設置が、より多くの人がEVに乗り換えるための前提条件になっている」とコメントした。国内では低排出ガス車が急増しており(2021年1月15日記事参照)、それに伴って充電施設の不足が指摘されている。連邦政府は2023年までに国内に1,000のEV用急速充電施設を整備する法案を閣議決定するなどし(2021年2月24日記事参照)、充電施設の拡充を目指している。

(クラウディア・フェンデル、高塚一)

(ドイツ)

ビジネス短信 1904656c7948437f

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp