1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 感染第2波の南ア、休暇シーズンを前に全土で制限強化

感染第2波の南ア、休暇シーズンを前に全土で制限強化

(南アフリカ共和国)

ヨハネスブルク発

2020年12月16日

南アフリカ共和国のシリル・ラマポーザ大統領は12月14日、新型コロナウイルス感染対策の進捗に関する国民演説外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを行った。9日に感染拡大の第2波が確認され(2020年12月15日記事参照)、本格的な年末の休暇シーズンを前に政府がどこまで経済制限を課すか注目が集まっていた。ラマポーザ大統領は「第2波の拡大を抑え、人命を守るために非常手段(extraordinary measures)を取る必要がある」と強い警戒感を示し、新たな制限を課すことを発表した。主な内容は以下のとおり。

  • 政府が特に感染拡大を警戒する「ホットスポット」として、東ケープ州ネルソンマンデラベイ都市圏に加え、同州サラ・バートマン地区、西ケープ州ガーデンルート地区を新たに指定
  • 12月16日~1月3日に東ケープ州およびガーデンルート地区の全ての公園とビーチを閉鎖
  • 現在全土に敷かれている新型コロナウイルス警戒レベル1(2020年9月24日記事参照)で定められているプロトコル順守の徹底(違反者には罰金や最長6カ月の禁固刑)
  • 全土において、100人以上の屋内でのイベント、250人以上の屋外でのイベントの実施を禁止
  • 全土において、午後11時~翌午前4時までの夜間外出禁止
  • 全土において、レストランやバーの午後10時以降の営業禁止
  • 店頭での酒類販売を月曜~木曜の午前10時~午後6時に短縮(ただし、登録されたワイナリーの営業は週末も許可)、公共の場での飲酒の禁止

詳細は即日官報PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)に掲載された。今回の発表では、飲食業など一部の業種を除き、企業活動や海外渡航に関する制限は課せられなかったが、今後さらに感染拡大および医療体制が逼迫した場合に、どこまで経済と感染抑制のバランスが取られるのか留意が必要だ。

(高橋史)

(南アフリカ共和国)

ビジネス短信 3a2001463a9fd2a9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp