サウジアラビア、イスラエル機含む航空便の領空通過許可を発表

(サウジアラビア、イスラエル、アラブ首長国連邦)

リヤド発

2020年09月04日

イスラエルでも報道があった、サウジアラビアによるイスラエル機の領空通過許可(2020年9月4日記事参照)に関し、サウジアラビアでは9月2日付サウジアラビア国営通信(SPA)外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますで正式に発表された。サウジアラビア民間航空総局(GACA)がアラブ首長国連邦(UAE)民間航空総局から寄せられた、イスラエルを含むあらゆる国からUAEに発着する航空便がサウジアラビア領空を通過することの許可要請を受諾したという内容の発表となった。

この発表とほぼ同じタイミングで、ファイサル・ビン・ファルハーン外相はSNS上で「UAEからの要請を許可したことによって、パレスチナの大義、パレスチナの人々に対するサウジアラビアの確固たる姿勢は変わることはない。アラブ和平構想に沿って、公正で永続的な平和の達成を目指すあらゆる努力を高く評価する」とコメントした。同国のアラブ和平構想順守の姿勢をあらためて表明し、UAEとイスラエルの国交正常化に対して敏感な国内感情や、パレスチナ自治政府などへ配慮したとみられる。

既に8月31日午前に、米国のクシュナー大統領上級顧問とオブライエン国家安全保障顧問らを乗せたエルアル航空によるテルアビブ発アブダビ行きの初の直行便がサウジアラビアを縦断して首都リヤド上空を通過する航路を取ったものの、同日にそれを取り上げた国内メディアはなかった。

UAEとイスラエルの国交正常化合意に伴い、両国が経済活動の活発化に向けて急速に動き出しているが(2020年9月2日記事参照)、サウジアラビアが今後、多分野において域内で高い技術力を誇るイスラエルとの関係構築をどのように考えていくのか、引き続き注目される。

(柴田美穂)

(サウジアラビア、イスラエル、アラブ首長国連邦)

ビジネス短信 2fd17f90dee93970

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp