1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. アーメダバード市、従業員の健康診断報告義務化

アーメダバード市、従業員の健康診断報告義務化

(インド)

アーメダバード発

2020年05月15日

グジャラート州・アーメダバード市は5月10日、さらなる新型コロナウイルス感染拡大抑制策として、アーメダバード行政区で操業する全ての企業に対し、従業員の健康診断結果の報告義務を定めたガイドラインを発表し、11日より運用を開始した(添付資料参照、ジェトロ仮英訳)。同ガイドラインによると、同地の企業は、従業員に対し、州政府が指定した医務官または企業が選定した病院(あるいは産業医)が毎日実施した健康診断結果(検温、酸素飽和度の測定)を毎週報告することが義務付けられている。スズキやホンダ二輪をはじめ、自動車関連メーカーが集積するマンダル地域(2019年6月11日記事参照)を管轄する州政府保健省医療チーム代表のディーパク・パテル医師は、「新型コロナ感染拡大を防ぐために、全力を尽くしたい」と語った。

同市では感染者が拡大しており(添付資料図参照)、5月7日0時から15日の6時までの1週間、市内における「果物・野菜・日用品」の販売許可を撤回し、「ミルクと薬」の販売のみ許可がされるなど(2020年5月14日記事参照)、規制強化の動きが続いている。

インドでは4月20日以降、一部操業規制が緩和されており(2020年4月24日記事参照)、当地の多くの日系企業が工場敷地内・建物内の消毒作業や、従業員の通勤車両移動許可申請、機械メンテナンスなど操業再開に向け準備中だ。一方、各企業は、ロックダウン長期化による再開スケジュールの見直しや規制強化などの対応にも追われている。

(丸崎健仁)

(インド)

ビジネス短信 06e2884764f070f9

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp