1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米商務省、ファーウェイ向け輸出の限定許可を延長、日数は半減

米商務省、ファーウェイ向け輸出の限定許可を延長、日数は半減

(米国、中国)

ニューヨーク発

2020年02月17日

米国商務省産業安全保障局(BIS)は2月13日、中国の華為技術(ファーウェイ)に対する米国製品の輸出禁止措置の限定的な猶予を、2020年4月1日まで延長すると発表PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)した。2月18日に官報を通じて正式に公表する。今回で3度の延長となるが、これまでに比べて延長日数が45日と短くなっている。

BISは今回の延長について、地方部などの通信事業者がネットワークを維持する上で必要な判断と説明している。ファーウェイと関連114社はBISのエンティティー・リスト(EL)に指定されており、これら企業への米国製品(物品・ソフトウエア・技術)の輸出・再輸出は原則不許可となる。ただし、EL企業と締結済みの契約に基づいて運用されるネットワークやスマートフォン、サイバー研究などの維持目的での関与(ソフトウエアの更新や情報開示を含む)には、暫定包括許可(TGL:Temporary General License)が与えられ、取引が可能となっている(2019年5月21日記事参照)。TGLは2月16日が期限だったが、今回の延長で4月1日まで有効となる。

他方、これまでは米国内の混乱回避のため時間が必要との見方に立ち、90日間の延長が認められていた(2019年8月20日記事11月19日記事参照)のに対し、今回は延長期間が45日間に半減した。商務省も「TGLの趣旨はファーウェイに代わる供給源に移行するための猶予を企業に与えること」と、速やかな代替手段の検討を促している。

また、延長発表の2月13日には、米司法省がファーウェイを相手取り、米国の機密情報や技術を盗む目的で共謀し、詐欺を謀ったとしてニューヨーク地方裁に提訴している。ファーウェイ側は事実関係を否定し、「司法省の狙いは法の執行よりも、ビジネス上の競争の観点から当社の名声をおとしめることにある」と非難している。

(藪恭兵)

(米国、中国)

ビジネス短信 97d8fc3e1a094232

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp