1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. トランプ政権、ファーウェイなどへの輸出規制の一部を90日間猶予

トランプ政権、ファーウェイなどへの輸出規制の一部を90日間猶予

(米国、中国)

米州課

2019年05月21日

米国商務省産業安全保障局(BIS)は5月20日、華為技術(ファーウェイ)および関連する68社(注1)と90日間(5月20日~8月19日)に限り取引ができる、暫定包括許可(TGL;Temporary General License)を発行したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。今回のBISの発表により、事実上、取引が禁止されたファーウェイなどと、一時的に輸出、再輸出、取引が可能となる。ただし、許可対象となるのは次の4つに限定される。

  1. 既存のネットワークおよび機器の継続的運用:5月16日以前に、ファーウェイまたは関連68社との間で締結された法的拘束力のある契約で、既に存在し運用されているネットワークおよび機器を維持・サポートするために必要な取引(ソフトウエアの更新を含む)。
  2. 既存の携帯電話へのサポート:5月16日以前に、一般に利用可能だった既存のファーウェイ製携帯電話へのサービスを提供するために必要な取引(ソフトウエアの更新を含む)。
  3. サイバーセキュリティー調査と脆弱(ぜいじゃく)性の開示:既に存在し運用されているネットワーク、機器、携帯電話の信頼性を維持するために不可欠なセキュリティー調査に関連する場合に、ファーウェイなどが所有、管理する製品のセキュリティー上の脆弱性に関する同社らへの情報開示。
  4. 5G基準開発への取り組み:正式に認められた国際標準化団体の一部として、5G標準の開発に必要なファーウェイなどとの関与。

なお、TGLを利用してファーウェイなどと取引をする際には、取引形態が今回許可された対象に合致すること記したステートメントを事前に作成し、保管しておかなければならない(注2)。

商務省は5月15日に、ファーウェイが必要な許可を取得せず、故意に米国から製品やサービスを、イランやイラン政府へ輸出、再輸出、販売、供給したことなどから、同社らをエンティティー・リスト(EL)に追加すると発表していた(2019年5月16日記事参照)。ELに記載された事業体へ米国製品(物品・ソフトウエア・技術)を輸出・再輸出する際は、通常は輸出許可が必要ない場合でも事前の許可が必要になるが、原則として不許可になる。ELへの追加は5月16日に行われた外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますため、事実上、ファーウェイとこれら関連会社は米国製品の調達ができなくなっていた。

(注1)対象となる企業は、官報参照外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます。関連68社の所在別の内訳は、中国35社、香港6社、英国3社、ベトナム2社、ベルギー、ボリビア、ブラジル、ミャンマー、カナダ、チリ、エジプト、ドイツ、ジャマイカ、日本、ヨルダン、レバノン、マダガスカル、オランダ、オマーン、パキスタン、パラグアイ、カタール、シンガポール、スリランカ、スイス、台湾各1社ずつ。

(注2)ステートメントの保管方法の詳細は、輸出管理規則(EAR)762条外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。

(赤平大寿)

(米国、中国)

ビジネス短信 fc7c2f758bca0625

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp