1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 高速鉄道計画、2020年5月末までの延期で合意

高速鉄道計画、2020年5月末までの延期で合意

(マレーシア、シンガポール)

クアラルンプール発

2018年09月18日

マレーシア政府とシンガポール政府は9月5日、クアラルンプール~シンガポール間高速鉄道(HSR)について、2020年5月31日までの建設計画の延期に合意した旨の共同声明を発表した。HSRは、クアラルンプールとシンガポール間350キロを最短90分で結ぶ高速鉄道。両国政府はHSRの建設について2016年12月に合意したが、2018年5月にマレーシアで政権交代が起こり、延期が発表されていた。計画の延期は、マレーシア政府の1兆リンギ(約27兆円、1リンギ=約27円)を超える連邦債務の発覚が発端となっており、モハマド・アズミン・アリ経済相がシンガポール政府との交渉に当たっていた(2018年8月17日記事参照)。

延期に係る補償金は4,500万リンギ

アズミン・アリ経済相は8月上旬から、シンガポールのコー・ブンワン運輸相と数度にわたる調整を行い、9月5日に合意に関する署名に至った。マレーシア政府は、2020年5月31日までの延期に対する補償金として、4,500万リンギを2019年1月末までにシンガポール政府に支払うことを決定した。共同声明によると、延長期限である2020年5月31日までにマレーシアがHSR計画の中止を決定した場合、合意に基づいてさらなる補償金を支払うとしている。金額については公表されていない。

アズミン・アリ経済相は本合意について、両国の協力体制を強調しており、「延期期間中にHSR計画のコスト削減に関する話し合いを進めていく」と発言した。コー・ブンワン運輸相も、マレーシア政府による延期の申し出に理解を示し、「多くのシンガポール国民がHSRの実現を待ち望んでいる」と述べた(「ニュー・ストレーツ・タイムズ」紙9月6日)。

実施中の入札は中止、開業予定は2031年に

HSR計画の延期の合意を受け、同計画の実施機関であるマレーシア高速鉄道公社(MyHSR)およびシンガポール陸上交通庁(LTA)は、2017年12月20日に開始し、2018年12月28日を締め切りとしていた「鉄道資産会社(アセット・コー)」に関する国際入札を中止する(2018年4月26日記事参照)。また、HSRの開業予定は、当初計画の2026年までから2031年までに変更された。

(田中麻理)

(マレーシア、シンガポール)

ビジネス短信 471fb571ea2c83b3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査計画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp