1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 貿易・投資相談Q&A
  4. サレンダードB/Lの仕組みと留意点:日本

サレンダードB/Lの仕組みと留意点:日本

質問

オリジナルの船荷証券(B/L)なしで貨物を引き取ることのできる「サレンダードB/L」という方式があると聞きました。その仕組みと、それを使用するに当たっての留意点を教えてください。

回答

「サレンダードB/L」とは、元地(船積地)で回収された(=surrendered)船荷証券(B/L)という意味で、輸入者が素早く貨物を引き取りたい場合にとられる便宜的な手段の1つです。B/Lという名称がついていますが、B/Lの種類の一つではないことに注意が必要です。

I. サレンダードB/Lの仕組み

荷送人が船積地で本船に貨物を積み込むと、運送人がB/Lを発行します。通常のB/Lでは荷送人が発行されたB/L原本全通に白地裏書きを行ったあと仕向地に全通を送りますが、サレンダードB/Lの場合は、再度当該元地(船積地)の運送人によって全通が回収されます。当該運送人は回収後その旨を仕向地の船会社の支店またはその代理店等に連絡することで、荷受人は、仕向地でB/L原本を提示することなく貨物を引き取ることができるようになります。
船舶のコンテナ化より航海日数が短縮され、貨物の荷卸しにかかる時間も大幅に短縮化が図られました。このため仕向地への貨物の到着が早まり、貨物が仕向地に到着しても船積書類が未着という、いわゆる「船荷証券の危機」が発生するようになりました。サレンダードB/Lは、こうした事態を打開するために、主に日本、韓国、中国等のアジアの近距離航路で利用されているものです。

II. サレンダードB/Lの具体的な手続き

具体的な手続きとしては、通常のB/Lが発行された後、荷送人からの元地回収の依頼により、発行されたB/L原本全通に"SURRENDERED"のスタンプと日付が押されます。その他に"TELEX RELEASE"や"ACCOMPLISHED"と印字されている場合も同じ意味となります。このとき確認の意味で、原則荷送人が全通に裏書きをします。B/L原本は運送人によって回収され、荷送人には元地回収した旨を明示したFIRST ORIGINALのコピーが証拠として渡されます。運送人は電子メール等により仕向地の船会社の支店や代理店に対してサレンダードB/Lであることを連絡します。荷受人は必要な諸費用を払い、貨物を保税地域から受け取るために必要なDelivery Order(D/O)の発行を受けます。サレンダードB/Lでは、B/L原本は元地で回収されるため、荷送人にとってはB/L原本の送付は不要で、"SURRENDERED"のスタンプが押されたB/L原本のコピーを荷受人にFAXまたはPDF化して電子メールで送信するだけでよく、荷受人もARRIVAL NOTICE上でサレンダードB/Lであることを確認できます。

III. サレンダードB/Lの留意点

使用上の留意点としては、まず、サレンダードB/Lは、B/Lという名称がついているものの、B/Lの種類の1つではありません。サレンダードB/Lは、元地(船積地)でSurrendered(回収されてしまった)B/Lであり、元地回収された時点で有価証券としてのB/Lの機能は失われます。サレンダードB/Lは、「サレンダーB/L」と呼ばれることもありますが、この英語の意味を明確に表現するためにも、「サレンダードB/L」と呼ぶのが良いでしょう。

次に、サレンダードB/Lは、本来B/Lが持つ荷為替手形の担保としての機能がなく、インコタームズや信用状統一規則でも認知されていません。このため、L/C取引やD/A、D/P取引といった荷為替手形による決済では原則として不適です。実際には、“surrendered non-negotiable copy of B/L”等と規定して、サレンダードB/Lを信用状条件とする場合もありますが、この場合でもサレンダードB/Lに荷為替手形の担保としての機能がないため、このような条件で信用状を開設するときは、信用状開設銀行は別途の債権担保や不動産担保等を発行依頼人に要求することがあります。

さらに、運送人はB/Lを回収後、速やかにその旨を仕向地の船会社の支店または代理店等に連絡する必要があります。この連絡がスムーズに行かないと、元地回収の確認が取れるまで貨物の引き取りをすることができず、貨物を引き取るためにかえって時間を要する場合があります。

加えて、運送人との関係では、FOB条件の場合に船積港で荷送人側からターミナルハンドリングチャージ(THC)等の追加費用を回収できなかったがために、荷受人にはサレンダードB/Lと通知されていたにもかかわらず、急きょ通常のB/Lに切り替えられたという事例が報告されています。このように、サレンダードB/Lは、運送人との間でのトラブルが発生することがあることに注意が必要です。

サレンダードB/Lについては「 サレンダードB/LとSea Waybillの違い外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます 」も併せてご参照ください。

参考資料・情報
ジェトロ:貿易・投資相談Q&A: サレンダードB/LとSea Waybillの違い外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

調査時点:2012年9月
最終更新:2021年8月

記事番号: A-010716

ご質問・お問い合わせ

記載内容に関するお問い合わせ

貿易投資相談Q&Aの記載内容に関するお問い合わせは、オンラインまたはお電話でご相談を受け付けています。こちらのページをご覧ください。