1. サイトトップ
  2. 国・地域別に見る
  3. 特集:新型コロナウイルス感染拡大の影響
  4. 徹底解説-入国制限に関する大統領令のNational Interest例外規定とは(米国)

特集:新型コロナウイルス感染拡大の影響

WEBセミナーによる解説 徹底解説-入国制限に関する大統領令のNational Interest例外規定とは(米国)

オンデマンド配信中

トランプ大統領は6月22日に特定の非移民ビザ(H-1B, H-2B, L-1, J-1ビザカテゴリーと帯同家族ビザカテゴリー)保有者の入国を一時停止する新たな大統領令に署名しました。この大統領令には「米国のNational Interest(国益の促進)とみなされる外国人」は対象外とされる旨が記載されていましたが、その詳細はこれまで明らかにされていませんでした。その後、米国国務省は8月12日、大統領令に対する例外規定に関するガイダンス発表しました。

これを受け、ジェトロ・ニューヨーク事務所では、同大統領令のNational Interes例外規定に関するWEBセミナーを8月24日に開催しました。本WEBセミナーでは、RBL Partners PLLCのボアズ麗奈弁護士を講師にむかえ、今回発表された例外規定の内容について詳しく解説していただきました。

※本WEBセミナーは、実施日である2020年8月24日までの情報に基づき解説しています。最新情報については、政府機関や自治体等のホームページで適宜、ご確認ください。

実施日 2020年8月24日(月曜) 18時30分~19時30分 (米国東部時間)
プログラム
  1. National Interestエクセプション(例外規定)の詳細解説
  2. 質疑応答
    講師:RBL Partners PLLC ボアズ麗奈弁護士
資料

視聴環境について

視聴環境については Google サポートページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます をご覧ください。

ストリーミング配信の視聴にあたっての注意

ストリーミング配信ご視聴にあたっては次のご利用条件・免責事項をよく読み、内容についてご同意ください。ストリーミング配信をご視聴いただいた場合には、ご利用条件・免責事項のすべてに同意されたものとさせていただきます。ご利用条件・免責事項の内容に同意いただけない場合は、サイトのご利用を直ちに中止してください。なお、ご利用条件・免責事項の内容は予告なく変更する場合があります。