1. サイトトップ
  2. お知らせ・記者発表
  3. 記者発表
  4. 2019年
  5. ロシア最大級の総合食品見本市「WorldFood Moscow 2019」にジャパンパビリオンを設置

ロシア最大級の総合食品見本市「WorldFood Moscow 2019」にジャパンパビリオンを設置

2019年09月12日

日本食人気が高まるロシア市場への参入・販路拡大を目指す13社が多彩な日本産食品を出品

ジェトロは、農林水産省「戦略的輸出拡大サポート事業」の一環として、ロシア・モスクワで開催される同国最大級の総合食品見本市「WorldFood Moscow 2019」(会期:9月24日~27日)にジャパンパビリオンを設置します。
3年連続3回目となる今回は、ロシア向け初輸出を目指す3社を含む計13社(前年比4社増)が出品、人気の高いアルコール飲料や水産加工品に加え、調味料、インスタント食品など多彩な日本産食品をアピール、ロシア市場への新規参入と販路拡大を目指します。

1.日本産食品の輸出拡大が期待されるロシア市場

ロシアは日本の農林水産・食品の国・地域別輸出先として、世界第22位(輸出額 約39億円、2017年)に留まっています。
一方、人口は1億4,678万人にのぼり、1,250万人の人口を抱えるモスクワをはじめ、人口100万人を超える都市が15ヵ所存在します。また、国内には約2,400店もの日本食レストランがあり、近年急成長するフードデリバリ―でも日本食の人気は非常に高く、今後の輸出拡大の余地が大きい市場です。

2.アルコール飲料・水産加工品を中心に輸出拡大を目指す

ロシア向け農林水産物・食品の輸出額は、2015年には内需の減少とルーブル安の影響により一度、落ち込んだものの、2017年には再び増加に転じています。
特に、アルコール飲料や水産物の輸出額は大きく、同国への更なる輸出の拡大を目指すうえで、重要な品目です。
今回のジャパンパビリオンでは、アルコール飲料を扱う4社、水産加工品を扱う2社を含む計13社が出展し、様々な日本産食品をバイヤーに売り込むことで、ロシア市場への新規参入と販路拡大を目指します。

ロシア向け農林水産物・食品輸出上位10品目単位:百万円
順位 2013年
平成25年
2014年
平成26年
2015年
平成27年
2016年
平成28年
2017年
平成29年
品目 輸出額 品目 輸出額 品目 輸出額 品目 輸出額 品目 輸出額
1 アルコール飲料 789 アルコール飲料 1,055 さんま 642 アルコール飲料 310 さんま 614
2 さんま 513 すけとうだら 732 すけとうだら 436 インスタントコーヒー 271 アルコール飲料 351
3 メントール 316 さんま 405 アルコール飲料 410 さんま 191 インスタントコーヒー 275
4 インスタントコーヒー 237 清涼飲料水 238 インスタントコーヒー 267 清涼飲料水 173 いわし 273
5 清涼飲料水 204 すけとうだら 200 コーヒー 155 すけとうだら 160 菓子(米菓を除く) 206
6 ソース混合調味料 198 ソース混合調味料 160 清涼飲料水 154 菓子(米菓を除く) 153 清涼飲料水 173
7 すけとうだら 152 菓子(米菓を除く) 157 菓子(米菓を除く) 117 コーヒー 130 コーヒー 128
8 菓子(米菓を除く) 118 コーヒー 136 ソース混合調味料 95 ソース混合調味料 112 かつお・まぐろ類 125
9 コーヒー 98 即席麺 112 醤油 90 かつお・まぐろ類 90 ソース混合調味料 103
10 即席麺 94 醤油 88 かつお・まぐろ類 72 醤油 48 すけとうだら 95
輸出額 3,730 4,163 3,195 3,133 3,872

農林水産省統計よりジェトロ作成

3.13社中3社が対ロシア初輸出に挑戦

今回ジャパンパビリオンに出品する13社のうち3社は、初めてのロシア輸出を目指します。 このうち2社は、ロシア以外の国・地域には輸出実績のある水産物加工品およびアルコール飲料を、初めての海外輸出に取り組む1社は、ロシアでも高まる健康志向を背景に健康食品を出品し、それぞれ初めての市場への輸出に挑戦します。

4.隣接するプロモーションブースで日本産コメ・コメ加工品をPR

ジャパンパビリオンのすぐ隣には、農林水産省「コメ・コメ加工品輸出特別支援事業」の一環として、「日本産コメ・コメ加工品プロモーションブース」を設置し、日本産コメ・コメ加工品のPRを実施します。ロシアでは、日本産コメ・コメ加工品が普及し始めたばかりで、第一ステップとして現地の関係者に日本産コメ・コメ加工品を知ってもらう機会を増やすことが重要です。
今回、モスクワの日本食レストランシェフによるコメ・コメ加工品の試食提供や、「五つ星お米マイスター」(※)によるセミナーおよび炊飯実演を通し、日本産コメ・コメ加工品の魅力や正しい知識を伝えるとともに、日本産コメ・コメ加工品への認知度の向上と需要拡大を目指します。また、これらのPR施策の実施により、ジャパンパビリオンにおける日本産コメ・コメ加工品出品者の商談を後押しします。

(※)お米マイスターとは
日本米穀小売商業組合連合会主宰の認証資格。米に関する幅広い知識を持ち、米の特性、ブレンド特性、炊飯特性を見極めることができ、その米の特長を最大限に活かした「商品づくり」を行い、かつその米の良さを消費者との対話を通じて伝えることができる者に対して与えられる。


前回のジャパンパビリオンの様子


「WorldFood Moscow 2019」ジャパンパビリオン概要

主催
:ジェトロ
会期
:2019年9月24日(火曜)~27日(金曜)
会 場
:Crocus Expo(ロシア・モスクワ)
参加企業
:13社(添付参照)
参加規模
:120平方メートル

参考:「WorldFood Moscow 2018」実績

出品者数
:1,560社 (出品国数:65カ国・地域)
来場者数
:30,710人
会場面積
:58,457平方メートル

出品者の詳細はジェトロウェブサイト「Japan Pavilion Exhibitors’ Catalogue(英語)」からもご覧いただけます。

ジェトロ農林水産・食品部 農林水産・食品事業推進課 (担当:和波、濵中、那須川)
Tel:03-3582-5546