岡山県企業の海外事業展開状況

この報告書は、岡山県内に本社を置く企業の海外事業展開の実態を把握することを目的に毎年実施している任意のアンケート調査である「岡山県企業の海外事業展開状況調査」の結果をとりまとめたものです。

この調査によれば、令和3年12月末現在、県内企業186社が、35か国・地域に、377か所の海外事業所を設置していることが確認できました。

海外事業所の業態については、「非製造業」が「製造業」の割合を上回り、新興国の経済発展を背景に、新たな市場として海外販路に期待する傾向は続いております。

しかし、企業の新規進出は停滞しているほか、長引くコロナの影響で、進出している企業についても移動制限等による生産活動・営業活動等の停滞や売上高の減少などの影響を受けており、企業の海外事業を取り巻く環境は非常に厳しいものとなっていることがうかがえます。

本調査の実施に当たり、調査の趣旨をご理解くださり、格別のご協力をいただきました関係各企業の皆様に深く感謝申し上げますとともに、今後とも一層のご協力を賜りますようお願いいたします。