1. サイトトップ
  2. ジェトロについて
  3. ジェトロの取り組み
  4. 農林水産物・食品の輸出支援

日本の農林水産物・食品輸出を支援します

ジェトロ は、「2019 年に農林水産物・食品の輸出額1 兆円」という政府目標、および政府が推進する地方創生に貢献していくため、国内外のネットワークを最大限活用し、2017 年に設置された日本食品海外プロモーションセンター(JFOODO)のプロモーションとも連動しつつ、品目別輸出団体等との連携や、関係省庁等と一体となったオール・ジャパン体制での農林水産物・食品の輸出に取組んでいます。

全国に輸出相談窓口を設置し、ワンストップで情報提供

輸出先国・地域のマーケット情報や国別・品目別での現地輸入規制・検疫等の制度情報を収集・蓄積し、全国内事務所に設置している輸出相談窓口、ウェブサイト・セミナーの開催等を通じて、事業者に情報提供しています。

農林水産物・食品の輸出支援ポータル

海外企業との商流構築機会、輸出に向けた個別支援の提供

海外見本市や国内外での商談会の開催等、事業者の円滑な商流構築を支援しています。その他、事業者と商社等とのマッチング機会の提供や、海外バイヤーから寄せられる個別引合情報の提供、専門家による個別企業への支援等も行っています。

米国バイヤーによる和牛農家訪問

ドイツでの食品展示会におけるジャパンパビリオン

香港での食品展示会におけるジャパンパビリオン

海外における日本産農林水産物・食品のブランド構築を推進

JFOODOでは、有望品目と対象国・地域を定めたプロモーション戦略を策定し、広告、PR、販売促進等を統合的に組み合わせて、事業者と共に実行します。これにより、日本産農林水産物・食品の海外での新たな市場創造とブランド構築に貢献しています。

旧正月期の香港の地下鉄駅構内にて日本産水産物の広告を展開

欧米の消費者に対し「生ガキといえば日本酒」といった組み合わせを提案

他にも次のような事業・サービスを行っています。

  • 日本産農林水産物・食品の魅力・価値に関する海外向け情報発信
  • 産地間連携や広域連携の推進を通じた地域産品の輸出支援
  • 輸出に取組む生産者・事業者間のネットワーク構築の支援

タイ・バンコクでの水産物PR イベント