質問への回答

回答

1.受講条件について

  • Q.

    個人でも受講できますか?

    A.

    個人での受講も全く問題ありません。

  • Q.

    標準学習時間はどれくらいですか?

    A.

    各講座の標準学習時間は次のとおりです。

    • 基礎編:10~15時間(ひとつの学習テーマ:30~45分程度)
    • 応用編:15~20時間(ひとつの学習テーマ:30~60分程度)
    • 英文契約編:15~20時間(ひとつの学習テーマ:30~60分程度)
    • 中国輸出ビジネス編:10~15時間(ひとつの学習テーマ:50~75分程度)

    ※学習時間には個人差があります。

  • Q.

    同じ期に2講座以上同時に受講することはできますか?

    A.

    2講座以上お申し込みいただくことは可能ですが、1講座ずつお受けいただいたほうが、余裕を持ったスケジュールで学習いただけ、身につきやすいかと思います。

  • Q.

    1人分だけ申し込んで、複数人で受講できますか?

    A.

    1つのIDにつき、お1人様のみ受講いただけます。

  • Q.

    違うパソコンからでも受講できますか?

    A.

    ID、パスワードを入力することによって、違うパソコンからでも受講できます。したがって、会社で学習したつづきを、自宅で学習することも可能です。

  • Q.

    英語が苦手なのですが、大丈夫ですか?

    A.

    英語が苦手でも問題ありません。
    英文契約編についは、文章構造、単語等も丁寧に説明しています。

  • Q.

    中国語が苦手なのですが、大丈夫ですか?

    A.

    中国語が苦手でも問題なくご受講いただけます。
    中国語のウェブサイトの見方などが教材に含まれていますが、日本語で丁寧に説明しています。

2.社内研修としての導入について

  • Q.

    社内研修への導入による割引制度はありますか?

    A.

    5講座以上同時にお申し込みの場合、団体割引を適用いたします。
    受講料
    その他、販売提携なども行っておりますので、事務局までお問い合わせください(E-mail: ecollege@jetro.go.jp TEL:03-3582-5163)。

  • Q.

    受講者の進捗を確認したいのですが・・・。

    A.

    お申し込み時に「受講者様の学習進捗を確認する。」という欄にチェックをしていただければ進捗管理者を1名登録させていただきます。 進捗管理者様には11週間の受講期間中に5回、受講者の進捗をお知らせするメールを配信し、専用ページにて、受講者の進捗状況を開講期間中ご確認いただくことが可能です。

  • Q.

    社内研修への導入に手間はかかりますか?

    A.

    研修担当者様に行っていただく作業は、受講される方々を集めて、ジェトロにお申し込みいただくだけです。
    インターネット経由でご覧いただけるeラーニングですので、社内のイントラネットを整備する必要はありません。ただし、次のシステム要件を満たしていない場合は、適宜インストール等していただく必要があります。
    システム要件

  • Q.

    どのような企業が研修として導入していますか?

    A.

    商社、流通を中心に、保険、銀行など貿易に携わる企業が主です。
    導入企業例

3.学習の進め方について

  • Q.

    どのように学習するのですか?

    A.

    PC(タブレットも可)で学習します。受講者様にIDとパスワードを支給し、ご自身のペースで学習していただきます。11週間はいつでも、どこでも、インターネットに接続できる環境であれば、学習が可能です。

  • Q.

    テキスト(紙媒体)はありますか?

    A.

    「基礎編」、「応用編」、「英文契約編」、「中国輸出ビジネス編」ともに、講座要旨をまとめた「オリジナルテキスト」を開講1週間前を目安に郵送いたします。同テキストは、受講の際に書き込みをしたり、受講後も復習用としてご活用いただけます。

  • Q.

    順番に受講しなくてはいけないでしょうか?

    A.

    ランダムな順番で学習していただくことも可能です。ただし、学習内容はストーリー形式で進んでいくため、最初から順番に学習されることをお勧めいたします。

  • Q.

    「輸入編(もしくは輸出編)」だけ受講したいのですが・・・。

    A.

    基礎編の講座は、輸出編、輸入編がセットになっているため、輸入編もしくは輸出編だけの販売はできません。貿易は一連の流れであるため、担当業務以外の仕事、貨物、書類の流れを理解しておくことが重要であるとの考えから、輸出、輸入の一通りの流れ、手続きを網羅した内容となっております。

  • Q.

    復習(再アクセス)はできますか?

    A.

    11週間のID有効期間内であれば、何度でもアクセスすることができます。11週間を過ぎてしまうと画面が見られなくなってしまいますので、ご注意ください。

  • Q.

    質問はできますか?

    A.

    講座の内容について、E-mailでお1人様10問まで質問を受け付けております。貿易に関する専門家が、お答えいたします。

  • Q.

    講座画面を印刷できますか?

    A.

    講座画面は印刷できないように設定されております。講座要旨は「オリジナルテキスト」を受講前に郵送いたしますので、そちらを参考にしながら(書き込みをしながら)、学習ください。

  • Q.

    ダウンロードしてからオフラインで学習できますか?

    A.

    学習画面をダウンロードすることはできません。また、オフラインで受講することもできません。

  • Q.

    音声(ナレーション)はでますか?

    A.

    2018年4月期より、基礎編の会話部分に音声を追加しました。

4.学習期間について

  • Q.

    学習可能期間とは何ですか?

    A.

    学習期間とは、IDの有効期間のことで、各講座ともに11週間です。この期間中であれば、ご自身のペースで講座を先に進めることもできますし、何度も復習することが可能です。

  • Q.

    全ての講座を1カ月で学習することは可能ですか?

    A.

    11週間以内であれば、ご自分のペース次第で1カ月で学習を完了することも可能です。お仕事の都合で2日程度で終えられたお客様もいらっしゃいました。ただし、貿易実務は覚えることが多いため、一度に学習するよりも、少しずつ長く勉強したほうが学習効果があります。

  • Q.

    11週間すぎてもアクセスできますか?

    A.

    11週間を過ぎますと、IDが無効になるため、アクセスすることができません。

  • Q.

    11週間で終わらなかった場合、期間延長はできますか?

    A.

    有効期間の延長については、原則できません。

  • Q.

    いつからでも始められますか?

    A.

    開講期間が決まっておりますので、開講スケジュールをご確認ください。
    スケジュール

5.学習内容について

  • Q.

    受講対象者(レベル)は?

    A.

    「基礎編」は、初心者向きです。貿易実務を担当されてまもない方、これから担当される方、貿易ビジネスを始める方に最適です。また、内定者、新人などの研修としても有効です。
    「応用編」は、貿易の大まかな流れを理解し、基本的な実務を1~3年程度担当(経験)している方(貿易実務オンライン講座基礎編修了レベル、貿易実務検定®試験C級取得者レベル相当)を想定しています。中堅レベルやマネージャーの研修として、また自分で貿易業務を始めたい方などにお勧めいたします。
    「英文契約編」は貿易の大まかな流れを理解し、基本的な実務を1~3年程度担当(経験)している方を対象としています。また、「国際売買契約書」、「販売店・代理店契約書」を取り扱う海外営業(輸出)担当者、もしくは調達、国内営業(輸入)担当者、法務担当初心者の方々にお勧めいたします。

    参考:英語レベルTOEIC600点前後(目安)
    「中国輸出ビジネス編」は、中国との輸出ビジネスを検討している方や、中国との取引の初心者の方を主な対象としています。

  • Q.

    どのような人が申し込んでますか?

    A.

    大手商社・メーカー、銀行、中小企業等の実務担当者、自治体の貿易相談担当者、これから貿易ビジネスを始める方、主婦、学生など幅広い方にお申込みいただき、満足頂いております(満足度90%)

  • Q.

    貿易実務検定®の受験に役立ちますか?

    A.

    本講座は、日本貿易実務検定協会®の主催する貿易実務検定®の受験にお役立ていただけます。具体的には、「基礎編」は貿易実務検定®C級に、また「応用編」は貿易実務検定®B級の受験対策に役立ちます。(ただし、貿易マーケティングや貿易英語などの一部の内容については、検定試験用の参考書などを用いて、付加的な勉強をしていただくことをお勧めします。)詳しくは日本貿易実務検定協会のウェブサイト外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

  • Q.

    全くの初心者なのですが・・・。

    A.

    全くの初心者の方でも、抵抗なく学習できるようなつくりになっています。また、わからない単語は用語集で調べることができ、ジェトロへE-mailで質問することも可能です(お1人様10問まで)。

  • Q.

    中国輸出について、全くの初心者なのですが・・・。

    A.

    全くの初心者の方でも、抵抗なく学習できるようなつくりになっています。なお、貿易実務自体について初心者という方は、先に「基礎編」から受講いただいた方が無理なく学習をすすめていただけます。なお、「中国輸出ビジネス編」においても、インコタームズや決済方法、信用調査などの基礎的な貿易実務の説明はある程度カバーしています。

  • Q.

    貿易関係書類の作成について勉強したいのですが・・・。

    A.

    インボイス、パッキングリスト、買取依頼書といった主な書類については「基礎編」の「書類作成トレーニング」でシミュレーション形式で繰り返しトレーニングすることができます。

  • Q.

    中国からの輸入ビジネスについては取り扱っていますか?

    A.

    「中国輸出ビジネス編」で取り扱っているのは、中国への輸出ビジネスのみとなります。また、現在、中国輸入ビジネスに特化した内容の講座はございません。

  • Q.

    基礎編の 「書類作成トレーニング」で練習できる書類の種類は?

    A.

    船積依頼書(S/I)、インボイス、パッキングリスト、輸出為替買取依頼書、購買契約書、信用状発行依頼書の6つの書類についてケースを想定したトレーニングが可能です。いずれも、通常輸出者または輸入者が作成する書類です。

6.テストと修了証書について

  • Q.

    修了率はどのくらいですか?

    A.

    現在までの平均修了率は、80%以上となっています。学習サポートに力を入れているため、高い修了率を実現しています。

  • Q.

    紙で提出するテストはありますか?

    A.

    紙で提出するテストはありません。全てWEB上で回答を行うテストとなります。

  • Q.

    「輸出編」・「輸入編」の確認テストとはどのようなテストですか?

    A.

    本講座「基礎編」では、貿易実務の理解を確実なものとしていただくため、各レッスン毎のチェックテスト(5問)とは別に、輸出編と輸入編終了時に確認テストを設けております。
    各確認テストは、1度だけでなく、修了条件の70%に達するまで、何度でも受けることができますが、チェックテスト全問題の中から10問が、毎回ランダムに出題されますので、その都度問題が変わります。
    それぞれ輸出編、輸入編をしっかり学習した上で、受けてください。

  • Q.

    「応用実務編」・「トラブル対処編」確認テストとはどのようなテストですか?

    A.

    本講座「応用編」では、貿易実務の理解を確実なものとしていただくため、各レッスン毎のチェックテスト(5問)とは別に、応用実務編とトラブル対処編終了時に確認テストを設けております。
    各確認テストは、1度だけでなく、修了条件の70%に達するまで、何度でも受けることができますが、チェックテスト全問題の中から10問が、毎回ランダムに出題されますので、その都度問題が変わります。
    それぞれ応用実務編・トラブル対処編をしっかり学習した上で、受けてください。

  • Q.

    英文契約編の「売買契約」と「販売店・代理店」の確認テストとはどのようなテストですか?

    A.

    本講座「英文契約編」では、英文契約編に関する理解を確実なものとしていただくため、各レッスン毎のチェックテスト(5問)とは別に、「売買契約」と「販売店・代理店契約」終了時に確認テストを設けております。
    各確認テストは、1度だけでなく、何度でも受けることができますが、チェックテスト全問題の中から「売買契約」15問、「販売店・代理店契約」10問が、毎回ランダムに出題されますので、その都度問題が変わります。
    それぞれ「売買契約」、「販売店・代理店契約」をしっかり学習した上で、受けてください。

  • Q.

    中国輸出ビジネス編の前半・後半の確認テストとはどのようなテストですか?

    A.

    本講座では、教材の理解を確実なものとしていただくため、各レッスン毎のチェックテスト(5問)とは別に、前半(第1章~第5章)と後半(第6章~第9章)終了時に確認テストを設けております。
    各確認テストは、1度だけでなく、修了条件の70%に達するまで、何度でも受けることができますが、対象となる章のチェックテスト全問題の中から10問が、毎回ランダムに出題されますので、その都度問題が変わります。
    それぞれ前半、後半をしっかり学習した上で、受けてください。

  • Q.

    修了条件について教えてください。

    A.

    受講期間中に、2つの確認テストおよび修了確認テストのそれぞれの理解度(スコア)が、すべて70%以上を達成すると、ジェトロより修了証が発行されます。
    ※受講期間中に70%を達成できない場合は、修了証は発行されません。
    ※すべての講座を受講していることが前提条件となります。(1つでも未了の講座があると修了となりません。)

  • Q.

    テストはどれくらいの頻度であるのですか?

    A.

    各レッスン毎のチェックテスト(5問×9~19回)、各編毎の確認テスト(10~15問×2回)、修了確認テスト(20問×1回)があります。

  • Q.

    テストは何度も繰り返し受けられますか?

    A.

    いずれのテストも繰り返し受けることができます。

  • Q.

    答え合わせ(添削)はされますか?

    A.

    答え合わせは、オンライン上で即座に行われます。また、解説も表示されます。ただし、修了確認テストについては、総合理解度を測るため回答は表示されません。このテストで70%以上の理解度を取得すると「解説」画面がご覧いただけます。

  • Q.

    テストの点数は記録されますか?

    A.

    テスト終了後、点数がサーバーに送信され記録されます。講座画面の進捗確認ボタンよりご自身のベストスコアをご覧いただけます。

  • Q.

    テストに合格すると、資格になりますか?

    A.

    当講座は、実務で必要とする知識を中心に学習していただくものですので、資格試験とは異なります。資格取得をご希望の場合は、貿易実務検定試験®を受験されることをお勧めいたします。

7.システム・通信関連について

  • Q.

    システム要件について教えてください。

    A.

    お申し込み前に一度ご確認ください。 システム要件

  • Q.

    タブレット端末やスマートフォンでも受講できますか?

    A.

    はい。PCに加え、タブレット端末でもご受講いただけます(文字は小さくなりますが、スマートフォンでもご覧いただけます)。

8.受講料について

  • Q.

    教育訓練給付金は使えますか?

    A.

    現時点では、同講座は教育訓練給付金の対象にはなっておりません。予めご了承ください。

  • Q.

    受講料の他に経費はかかりますか?

    A.

    その他の経費(システム導入経費など)は一切かかりません。ただし、プロバイダー料金、通信料金などは、受講者様のご負担となります。

  • Q.

    ジェトロ会員は割引されますか?

    A.

    各講座ともに、ジェトロ会員(ジェトロ・メンバーズ)の方は、10%割引させていただきます。

  • Q.

    団体割引はありますか?

    A.

    5講座以上同時にお申込みの場合、団体割引がございます。詳細情報のページをご覧ください。
    受講料

  • Q.

    学生割引はありますか?

    A.

    学生の方には学生割引料金(10%割引)を適用させていただいています。
    学生割引の適用には、お申し込みと同時に学生証など、学生であることを証明するもののご提示をお願いしています。

ご質問・お問い合わせ

ジェトロ お客様サポート課 eラーニング事務局
TEL:03-3582-5163
Fax:03-3582-0504
E-mail:ecollege@jetro.go.jp