ロシア撤退のノキアンタイヤ、ルーマニア進出を発表

(ルーマニア、ロシア、フィンランド)

ブカレスト発

2022年11月10日

自動車用、産業機械用タイヤメーカーのノキアンタイヤ(フィンランド)は11月1日、ルーマニア北西部のハンガリー国境に近いオラデアに6億5,000万ユーロを投じ、タイヤ業界としては世界初の二酸化炭素(CO2)排出ゼロ工場を設立すると発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。2025年初頭に商用生産を開始し、中欧向けの大口径乗用車用タイヤを中心に年間生産能力600万本を備え、約500人の新規雇用する予定。

同社の前身のザ・フィニッシュ・ラバー・ワークス(The Finnish Rubber Works)は1904年にフィンランドのノキアに工場を設立、1934年に世界初の冬用タイヤを開発した。1988年に設立されたノキアンタイヤは、高価格帯の冬用タイヤブランド「ハッカペリッタ(Hakkapeliitta)」で知られる。2015年にはEUタイヤラベリングで冬用タイヤのウェットグリップと省燃費性で、世界初となる最高のAグレードを獲得した(同社ウェブページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。

同社の工場はノキア、米国オハイオ州デイトンにあるほか、2005年にロシア・サンクトペテルブルク近郊のブセボロジスク(Vsevolozhsk)で生産を開始した。2021年にはロシアが同社売り上げの約20%を占め、乗用車用タイヤ数量の約80%がロシアで生産されていたが、ロシアによるウクライナ侵攻を受けて2022年6月にロシアからの撤退を決定した(同社ウェブページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。代替工場の立地に当たっては、熟練労働者の確保や物流の優位性、安定したビジネス環境などを40カ所超で比較した結果、オラデアが最適と判断した。オラデアでは日本電産がサーボモーターを生産している。

ルーマニアでは2022年に、ノキアンタイヤ以外にも、自動車関連の製造業新規・追加投資が続いている。政府の「経済に大きな影響を与える投資を促す国家補助金(政令2014年807号)」(2022年10月17日記事参照)の2022年の申請企業リストPDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)に掲載されている自動車関連企業の例と投資予定額は次のとおり。

  • メルセデス・ベンツの子会社で9速オートマチックや8速デュアルクラッチトランスミッション(DCT)ギヤボックスを生産するスター・アセンブリー:約6億7,440万レイ(約202億3,200万円、レイは通貨単位レウの複数形、1レウ=約30円)
  • コンチネンタル(ドイツ、タイヤ):約4億112万レイ
  • ピレリ(イタリア、タイヤ):約3億7,732万レイ

(西澤成世)

(ルーマニア、ロシア、フィンランド)

ビジネス短信 cbce530808b78105

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp