米ベーカー・ヒューズ、フランスのテクニップとモジュール式LNG生産で協業

(米国、フランス)

ヒューストン発

2022年11月24日

米国石油サービス大手ベーカー・ヒューズ(本社:テキサス州ヒューストン)は1117日、フランスのエンジニアリング大手テクニップ・エナジーと、年間100~200万トン規模のモジュール式液化天然ガス(LNGの陸上生産設備の共同開発に向け覚書を締結したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

発表によると、この共同開発は、LNGの市場投入までの時間短縮を目的としている。ベーカー・ヒューズのモジュール式LNG生産設備は年間80万~100万トン規模の生産能力を有する一方、テクニップの同生産設備は年間200万~300万トン規模の生産能力を有する。両社は共同開発を通じて、互いに生産能力の空白を埋めたいとしている。

ベーカー・ヒューズは、今回の共同開発により、天然ガスの液化プロセスで二酸化炭素(CO2)排出量を削減し、LNGへの転換時間の短縮に資する柔軟かつ標準化されたソリューションが提供できるようになるとしている。同社のロレンツォ・シモネッリ会長兼最高経営責任者(CEO)は「今回の合意はテクニップとの関係におけるマイルストーンであり、両社にとって相互に有益であるとともに、互いの技術の専門的知見とLNG分野における実績を活用することで、顧客の利益を最大化させることができる」と述べている。

両社は脱炭素化に向けて取り組みを進めており、ベーカー・ヒューズは次世代CO2回収技術を促進するため、20224月にモザイク・マテリアルズを買収した(2022年4月22日記事参照)。また、テクニップは同年5月にソールズベリーと、エクソンモービルがワイオミング州に保有するCO2回収・貯留(CCS)施設の拡張事業で契約を受注している(2022年5月13日記事参照)。

(沖本憲司)

(米国、フランス)

ビジネス短信 b6e9f0bf024b88dc

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp