インドネシアでEVショー開幕、タイの展示会と違いも

(インドネシア、タイ、中国、韓国)

バンコク発

2022年07月25日

インドネシアの首都ジャカルタで722日、電気自動車産業協会(Periklindo)主催の電気自動車(EV)展示会「ペリクリンドEVショー(PEVS)」が開幕した。31日まで開催する。PEVS開催は今回が初めてで、プレスリリースによると、約50社が出展し、10日間で10万人の来場、5,000億ルピア(約455,000万円、1ルピア=約0.0091円)の成約を見込んでいる。

ペリクリンドは20214月に設立された比較的新しい団体で、中国系メーカーの東風小康汽車(DFSK)、上汽通用五菱汽車や、地場企業の電気バスメーカーのモビル・アナック・バンサ(MAB)、電動バイクメーカーのスムート・モーターなどが加盟している。

ジェトロが723日に会場視察したところ、特に現代自動車、五菱汽車、DFSKのブースが目立ち、インドネシアが2022年のG20議長国であることや、同国の産業政策「インダストリー4.0」を踏まえて積極的にアピールしていた。日本勢では、三菱ふそうの電気小型トラック「eCanter」や日産自動車のEV「リーフ」が出展された。そのほか、ルノーやテスラのEV展示も見られた。四輪以外では、地場系や中国・韓国系の電動バイクのブースが多かった。EVや電動バイクの試乗会も併催された。

写真 G20で使用される現代自動車のEV(7月23日、ジェトロ撮影)

G20で使用される現代自動車のEV(7月23日、ジェトロ撮影)

写真 五菱汽車のAir EV(7月23日、ジェトロ撮影)

五菱汽車のAir EV(7月23日、ジェトロ撮影)

写真 DFSKのミニEV(7月23日、ジェトロ撮影)

DFSKのミニEV(7月23日、ジェトロ撮影)

写真 三菱ふそうのeCanter(7月23日、ジェトロ撮影)

三菱ふそうのeCanter(7月23日、ジェトロ撮影)

EVの価格を聞き取りしたところ、DFSKのミニEVが約2億ルピア、五菱汽車のエアEVが約3億ルピア、日産のリーフは約73,000万ルピア、現代のアイオニック5は約73,000万ルピア~約83,000万ルピアだった。

タイで近年に開催されているモーターショーと比較すると、タイでは上海汽車や長城汽車が大規模なブースを構えてEVを展示しているが、PEVSでは両ブランドは出展していなかった。また、タイでは中国系メーカーを中心に、EVブースが混雑している様子が散見されるが(2022年2月25日付地域・分析レポート参照)、今回のPEVS視察時では、各ブースの来客はまばらで、EV購入に向けた高い関心や積極的な様子は確認できなかった。

写真 PEVS会場では試乗会も実施している(7月23日、ジェトロ撮影)

PEVS会場では試乗会も実施している(7月23日、ジェトロ撮影)

(北見創)

(インドネシア、タイ、中国、韓国)

ビジネス短信 179134965fe151e5

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp