連邦政府、浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備をチャーター契約、年内稼働を目指す

(ドイツ、ウクライナ、ロシア)

デュッセルドルフ発

2022年05月17日

ドイツ連邦経済・気候保護省(BMWK)は5月5日、液化天然ガス(LNG)の輸入、再ガス化にあたり必要となる浮体式LNG貯蔵・再ガス化設備(FSRU、注)4隻のチャーター契約を締結したと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

ドイツ国内の年間の天然ガス需要は950億立方メートルに上るが、現在、液化天然ガス(LNG)を再ガス化するためのLNGターミナルを保有していない。FSRUは、LNGタンカーからLNGを取り込み、船上で再ガス化し、既存のパイプラインと接続することでガスの供給が可能となる。FSRUが配置される場所の1つとしては、ドイツ北部ニーダーザクセン州ウィルヘルムスハーフェン市だ。北海に面するニーダーザクセン州は港湾施設やガスの貯蔵施設・パイプラインなどのガスインフラが整備されている。ウィルヘルスムハーフェン市では既存の港湾施設にFSRUを配置し、長距離の天然ガスのパイプライン網と接続される予定。

連邦政府はFSRUの設置を、当初予定していた3隻から4隻に増やした。ノルウェーのFSRU大手ホーグLNGおよびギリシャのLNG輸送会社ダイナガスから船を2隻ずつチャーターし、船の運営は、政府から業務委託されるドイツエネルギー大手RWEとユニパーが担当する。

RWEが担当するホーグLNGからチャーターする1隻目のFSRUは、2022年末ごろに稼働する予定。2隻目は、北部シュレスビヒ・ホルシュタイン州ブルンスビュッテル市で2023年初めに稼働する予定。2隻合わせて、年間100億~140億立方メートルの天然ガスをドイツ国内に供給できる。

ユニパーが担当するダイナガスからチャーターするFSRU2隻は、配置場所は未定だが、2023年初頭に稼働する予定。2隻とも年間最大75億立方メートルの天然ガスの供給能力を持つ。

なお、ドイツ国内ではFSRUとは別に、LNGターミナルの建設プロジェクトも進んでいる(2022年3月11日記事2022年3月15日記事参照)。ユニパーは2022年5月5日、計画していたウィルヘルムスハーフェン市におけるLNG輸入ターミナルの建設を開始したと発表した。

(注)Floating Storage and Regasification Unitの略。陸上にLNG基地をつくらず、貯蔵・再ガス化設備を加えた専用船を洋上に係留する。

(ベアナデット・マイヤー、作山直樹)

(ドイツ、ウクライナ、ロシア)

ビジネス短信 208c642bf9ce1b7b

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp