カナダ、ウクライナへの追加支援と対ロシア制裁第3弾を発表

(カナダ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ)

トロント発

2022年03月01日

ロシアのウクライナへの軍事行動を受け、カナダのメラニー・ジョリー外相とアニタ・アナンド国防相は2月28日、主権、領土保全、独立維持に努めるウクライナを支援するため、2,500万カナダ・ドル(約22億7,500万円、Cドル、1Cドル=約91円)の追加軍事援助を行うと発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。ウクライナ政府がカナダ政府に対し、ヘルメット、防護服、ガスマスク、暗視装置などの追加的な防護装備支援を直接要請したことを受けて、連邦政府は援助を決めたという。

さらに、クリスティア・フリーランド副首相兼財務相は同日、カナダの全金融機関のロシア中央銀行との取引禁止を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。カナダは、ロシアの政府系ファンドに対する資産凍結や取引禁止措置を実施している。ジャスティン・トルドー首相が2月26日、欧州委員会、フランス、ドイツ、イタリア、英国、米国との共同声明で、ロシアに対しさらなる経済制限措置の実施を発表したことを受けての対応だ。

カナダでは、ロシアへの追加経済制裁を発表した2月24日(2022年2月25日記事参照)以降、各種の措置が発表されている。

トルドー首相は2月25日、第3弾の制裁措置として、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領、セルゲイ・ラブロフ外相らに直接制裁を科すとともに、本軍事行動に対する西側諸国の共同制裁の一環として、ロシアの軍事行動を支援したベラルーシとその指導者に対しても追加制裁を決めたと発表した。さらに、国際決済システムである国際銀行間通信協会(SWIFT)からのロシアの除外に賛同するとともに、2022年2月24日~3月18日の間にカナダ人個人がカナダ赤十字に行う寄付金に、最大1,000万Cドルを上乗せした寄付を行うと発表した。

オマール・アルガブラ運輸相とジョリー外相は2月27日、全てのロシア航空機運航会社に対して、カナダ領空を即日閉鎖することを発表した。カナダの領海上空を含むカナダ領空において、ロシア所有の航空機、チャーター機、または運航機の運航が禁止された。

また、トルドー首相は2月28日、ロシアからの原油輸入を禁止することを発表した。これはロシア連邦予算の歳入の約3分の1を占めているとし、カナダは原油をほとんど輸入していないにもかかわらず、強いメッセージを送ることになる、と述べた。

(飯田洋子)

(カナダ、ロシア、ウクライナ、ベラルーシ)

ビジネス短信 ca64dd8cb66b9ba3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp