中央銀行が市中銀行の口座の週間取引回数制限を撤廃

(エチオピア)

アディスアベバ発

2022年02月01日

エチオピア中央銀行が市中銀行に課していた、顧客の口座からの1週間の取引回数制限が1月5日付で撤廃された。ジェトロも、取引銀行を通じて既に実施されていることを確認した。エチオピアでは、金融取引における制度変更が2021年12月から相次いでいる(2022年1月31日記事参照)。日々の事業所の運営や取引に直結するため、金融取引制度の変更には、今後も注意が必要だ。

取引制限は約1年前に導入されたもので、同一口座からの取引回数が週5回に限られていた(2021年2月16日記事参照)。不便なだけでなく、月末・月初など支払い請求が重なる時期に取引先への支払いを待ってもらう必要があるなど、管理コストにもなっていた。撤廃は、中央銀行令(FIS/05/2022)に基づくもので、回数制限のみとなっている。引出上限額について、1日当たりや月間の限度額は指令の中で触れておらず、撤廃されていないと理解されている。

(関隆夫)

(エチオピア)

ビジネス短信 0fb093def5b822ed

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp