ブカレスト地下鉄6号線、北側半分の土木工事の入札開始

(ルーマニア)

ブカレスト発

2021年12月03日

ルーマニアの首都ブカレストの地下鉄運営会社メトロレクスは11月17日、政府の公共調達電子システム(SEAP)にブカレストのアンリ・コアンダ国際空港とブカレスト市内を結ぶ地下鉄6号線(M6)の北側半分の土木建設にかかる事前入札資格審査(P/Q:Pre-Qualification)を公示した。応札期限は12月29日午後3時(ルーマニア時間)。

北側半分の全長は7.6キロで6駅を含む。設計と土木工事のプロジェクトの総額は13億1,836万レイ(約342億7,736万円、レイは通貨単位レウの複数形、1レウ=約26円)で、契約期間は48カ月。

2019年3月に入札が実施されたM6の南側半分の土木工事(2019年4月1日記事参照)は、ルーマニア政府予算とEU基金(5億1,763万ユーロ)のほか、日本の国際協力機構(JICA)のひも付きではない(アンタイドの)円借款が財源だが、北側半分については政府予算と円借款のみが財源になっている。M6全体に投入される円借款の上限額は418億7,000万円。

今回のP/Q入札の審査を通過した応札者に対しては、2022年3月22日をめどに、総合評価方式入札への応札があらためて案内される。

ブカレストでは、着実に増加する自動車台数(2021年7月26日付地域・分析レポート参照)に道路拡張や駐車場整備が追い付かず、オフィス街も住宅地も路上駐車であふれて渋滞が日常化している。鉄道網を軸としたパーク・アンド・ライドなどの交通政策が求められている。

北側半分の入札は2021年4月に実施される予定だったが、カタリン・ドゥルラ輸送・インフラ相(当時)が、費用対効果が低いとして建設に反対していた。しかし、9月に連立与党が崩壊(2021年9月10日記事参照)、同大臣も辞職した。10月2日には建設を進める覚書を政府が採択したと同省のイオネル・スクリオステアヌ秘書官が発表し、入札再開となった。

(ミンドル・ユニアナ、西澤成世)

(ルーマニア)

ビジネス短信 d995b0a440fb7aa0

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp