欧州産業連盟、欧州委の気候変動政策と競争政策への提言発表

(EU)

ブリュッセル発

2021年11月25日

ビジネスヨーロッパ(欧州産業連盟)は11月18日、欧州委員会が2021年7月に発表した気候変動政策パッケージ(2021年7月15日記事参照)である「Fit for 55」に関する政策提案書PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)を発表した。提案書では「欧州グリーン・ディール」などで掲げられたEUの気候目標達成へ向けて産業界として取り組む意欲や、環境関連技術の開発など欧州経済にとって前向きな効果への期待を示した。他方、グリーン化に伴うコストをできるだけ軽減し、産業競争力の維持や低炭素技術開発への大規模な投資が必要だとした。

「Fit for 55」では13の規則案(改正案も含む)が提案されたが、ビジネスヨーロッパはこのうちEU排出量取引制度(EU ETS)の改正案(2021年7月16日記事参照)や炭素国境調整メカニズム(CBAM)に関する規則案(2021年7月16日記事参照)など10の提案について提言を行った。

例えば、EU ETSについては、制度強化の方針には賛同したが、直接・間接的な排出双方に関連するコストについて十分なカーボンリーケージ(排出制限が緩やかな国への産業の流出)対策や、ETS改正によって脱炭素関連の最先端技術への投資にさらなる支援が必要になるとした。また、2026年以降に予定される、道路輸送と建物を対象とする新制度の導入の提案は評価したが、小規模な燃料供給事業者なども参加しやすい炭素市場の形成や、新分野からの収益を確実に低炭素ソリューションへ再投資する仕組みが必要だと提言した。CBAMについては、WTOのルールとの整合性を図り、貿易相手国・地域からの報復措置を招かないようにすることがEUの産業全体にとって重要だと指摘した。さらに、CBAMが十分な効果があると確証されるまでは、CBAM導入に伴って段階的に廃止すると欧州委が提案しているEU ETSの無償排出枠を維持すべきだと主張した。

グローバル市場でEU企業の競争力向上につながる政策が必要と主張

さらに、ビジネスヨーロッパは11月18日、欧州委が同日発表した競争政策の見直しの方針(2021年11月19日記事参照)についても声明を発表した(プレスリリース外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)。ビジネスヨーロッパは変化の早い市場に対応するために見直しを歓迎しつつも、EUの政策がEU域内だけでなく域外の市場でもEU企業の競争力向上につながることが重要だと指摘。特にグローバル市場の条件を考慮し、EU企業の競争力向上や持続可能目標の追求を可能とする適正な条件を定めた現実的な競争ルールや、EU企業の国際的な活躍につながる研究開発事業への十分な国家補助が必要だとした。

(滝澤祥子)

(EU)

ビジネス短信 3932863638c39860

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp