1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 米ハワイ州が観光再開、海外からの入国規制を連邦ルールに移行

米ハワイ州が観光再開、海外からの入国規制を連邦ルールに移行

(米国)

ロサンゼルス発

2021年11月05日

米国ハワイ州のデービッド・イゲ知事は11月2日、海外からハワイ州への渡航者に対する新型コロナウイルス対策の規制を11月8日から変更外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますすると発表した。

これにより、米連邦政府の入国規制(2021年10月27日記事参照)に移行する。海外からハワイ州へ直行便で渡航する外国籍入国者は、ワクチン接種証明と渡航前3日以内の陰性証明の提示が求められるが、同州が独自に行う事前検査プログラム「セーフ・トラベルズ・プログラム」への事前登録は不要となった。これまで海外からの渡航者は州が指定する医療機関が発行する陰性証明を提示することで到着後10日間の自主隔離を免除してきたが、今後は米国疾病予防管理センター(CDC)のガイドラインに沿った対応を求める。

ただし、ハワイ州以外の州を経由して同州に渡航する外国籍入国者は、到着時は国内旅行者として扱われるため、「セーフ・トラベルズ・プログラム」への事前登録が必要になり、ワクチン接種証明または州が指定する医療機関による陰性証明を提示することで10日間の自主隔離が免除されることになる(2021年6月28日記事参照)。

イゲ知事は、新型コロナのデルタ型変異株の感染拡大を受け、8月に観光客に対して10月までの州への渡航自粛を呼びかけてきたが、10月19日には「(感染者数の減少と病床逼迫の改善により)ワクチン接種済みの国内旅行者を安全に迎え入れ、経済回復を進めることができる」とツイッターで述べていた。イゲ知事は11月2日、ワクチン接種証明や48時間以内の陰性証明の提示の義務化を実施している郡では、11月12日からレストランやバー、ジムなどの屋内施設の稼働率制限を撤廃する知事令を発令外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。今回の措置と併せて、ハワイ州は11月以降のホリデーシーズンを見据え、観光再開へと一段とかじを切ったかたちだ。

(永田光)

(米国)

ビジネス短信 2a4ec5bba4dbb382

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp