1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ドイツ自動車産業連合会、世界の低排出ガス車に関する統計値発表

ドイツ自動車産業連合会、世界の低排出ガス車に関する統計値発表

(世界、ドイツ)

ミュンヘン発

2021年05月10日

ドイツ自動車産業連合会(VDA)は423日、20219712日にミュンヘンで開催予定の国際モーターショー「IAAモビリティー」(2020316日記事参照)に向け、低排出ガス車〔バッテリー電気自動車(BEV)とプラグインハイブリッド車(PHEV)〕に関する主要地域・国の統計値を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。

低排出ガス車新規登録台数の2020年末までの累計値をみると、全世界では988526台となった(添付資料表参照)。そのうち、中国での新規登録台数が419273台で全世界の42.4%を占めた。欧州(注1)はシェア32.4%の3201,644台、米国は17.2%の170825台となり、これら3カ国・地域で世界全体の92.0%を占めた。欧州内では、ドイツ、英国、ノルウェー、フランスの4カ国で欧州全体の62.4%を占めた。

2020年の低排出ガス車の新規登録台数では、欧州が前年比2.4倍の1368,167台となり、初めて中国(1246,289台、前年比14.5%増)を上回った。ドイツは前年比3.6倍の394,943台で欧州最大となった。米国は前年比5.8%減の302,949台にとどまった。これは、VDAによると、助成制度上の支援上限に達したことが影響したという(注2)。

2020年の新規登録台数全体に占める低排出ガス車のシェアでは、ノルウェー(74.8%)を筆頭に(2021119日記事参照)、アイスランド(44.6%)、スウェーデン(32.1%)など北欧諸国が上位を占めた。低排出ガス車のうちのBEVの割合(2020年)をみると、中国が80%、米国が79%だったのに対し、欧州は54%にとどまった。欧州はPHEVのシェアが比較的高い地域といえる。

VDAはこの統計値を毎年発表する予定。

(注1EU27カ国とスイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン、英国の計32カ国。

(注2)米国では、低排出ガス車の購入者は税控除を受けられるインセンティブ制度があるが、メーカーごとに低排出ガス車の累積販売台数20万台が閾値(いきち)として設定されているため、販売20万台超過後は税控除の幅が段階的に削減される。米国でのシェアが高いテスラや、ゼネラルモーターズ(GM)については、2020年から税控除が適用されない状態になっていた。なお、バイデン政権は新たな普及策を導入するとしている。

(クラウディア・フェンデル、高塚一)

(世界、ドイツ)

ビジネス短信 702c66c0aa1b6077

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp