1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 中央銀行はイラン暦1399年(西暦2020年)第1~第3四半期合計の実質GDP成長率を2.2%と発表

中央銀行はイラン暦1399年(西暦2020年)第1~第3四半期合計の実質GDP成長率を2.2%と発表

(イラン)

テヘラン発

2021年03月16日

イラン中央銀行は3月13日、イラン暦1399年第1~第3四半期合計(西暦2020年3月20日~12月20日)の経済統計データを発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。本データによると、GDPは全体で4,806兆3,000億リアル(約12兆4,964億円、1リアル=約0.0026円)に達し、実質GDP成長率は前年同期比で2.2%となった。

実質GDP成長率を四半期ごとにみると、第1四半期(3月20日~6月20日)はマイナス2.9%だったが、第2四半期(6月21日~9月21日)は5.2%、第3四半期(9月22日~12月20日)は3.9%と回復した。また、非石油部門の成長率も、第1四半期はマイナス0.6%だったが、第2四半期と第3四半期にはそれぞれ3.2%と2.9%と増加したため、第1~第3四半期の合計では1.9%になったとしている。

イラン中央銀行のヘンマティ総裁は3月12日、第2・第3四半期と2期連続でプラス成長となったことに触れ、「今日、イラン経済は制裁による困難な時期と、その結果としての不況を乗り越え、経済の再成長の時期に入った」と述べている外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます

なお、イラン統計センターも、イラン暦1399年第3四半期および第1~第3四半期合計の経済統計データを3月4日に発表している(2021年3月10日記事参照)。この発表では中央銀行と異なり、第1~第3四半期合計の成長率は全体でマイナス1.2%、非石油部門はマイナス1.0%と、いずれもマイナス成長になっていた。

(鈴木隆之、マティン・バリネジャド)

(イラン)

ビジネス短信 e0f66b26866b6998

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp