1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 2020年の貿易、輸出入ともに増加、黒字幅は過去最高

2020年の貿易、輸出入ともに増加、黒字幅は過去最高

(ベトナム)

ハノイ発

2021年01月29日

ベトナム税関総局によると、2020年の輸出は2,826億5,498万ドル(前年比7.0%増)、輸入は2,627億63万ドル(3.7%増)だった。貿易収支は199億5,435万ドルと5年連続の黒字になり、前年記録した過去最高の黒字幅をさらに上回った。

主要国・地域別では、輸出相手先1位が米国で770億7,732万ドル(前年比25.7%増)、2位が中国で489億516万ドル(18.0%増)、3位が日本で192億8,396万ドル(5.2%減)だった(添付資料表1参照)。米国向けは、縫製品や履物など繊維関係が前年を下回った一方、コンピュータ電子製品・同部品などが好調を維持し、大幅な伸び率となった。輸入相手先は、1位が中国で841億8,685万ドル(11.5%増)、2位が韓国で468億9,544万ドル(0.3%減)、3位が日本で203億4,138万ドル(4.1%増)となった。貿易収支では、米国が633億6,415万ドルの黒字(35.1%増)、中国が352億8,170万ドルの赤字(3.6%増)だった。貿易赤字が拡大する米国は2020年12月、ベトナムを「為替操作国」に認定した。米国通商代表部(USTR)は2021年1月15日、追加関税などの対抗措置は見送り、話し合いを継続する方針。ベトナム政府もこれを評価している(2021年1月21日記事参照)。

主要品目別にみると、輸出では1位が電話機・同部品で511億8,393万ドル(前年比0.4%減)、2位はコンピュータ電子製品・同部品で445億7,639万ドル(24.1%増)、3位は縫製品で298億980万ドル(9.2%減)となった(添付資料表2参照)。

輸入では、1位がコンピュータ電子製品・同部品で639億7,112万ドル(前年比24.6%増)、2位が機械設備・同部品で372億5,141万ドル(1.4%増)、3位が電話機・同部品で166億4,532万ドル(13.9%増)だった(添付資料表3参照)。

内外資本別では、国内企業による輸出入が減少したが、外資企業は輸出入ともに前年より10%を上回る伸びになった。

輸出は9月以降、2桁増を維持

新型コロナウイルスの影響を受け、輸出は、4月と5月に前年同月比で10%を超える減少となったが、6月から増加に転じ、9月からは2桁増を維持した。その結果、2020年通年は前年比7.0%増と、前年の伸び率8.4%に近い水準まで上昇した。輸入は、4~6月は輸出と同様の傾向をみせ、7月には再び減少した。11月と12月は2桁増となったものの、通年では3.7%増(前年の伸び率7.0%)にとどまった(添付資料図参照)。

(上田弘大)

(ベトナム)

ビジネス短信 8d96c6196fb378d3

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp