1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. ウイルス変異種で感染急増、ロンドンなど3度目のロックダウン

ウイルス変異種で感染急増、ロンドンなど3度目のロックダウン

(英国)

ロンドン発

2020年12月21日

英国では、イングランド南東部とウェールズ南部を中心に、新型コロナウイルスの感染急拡大に歯止めがかからない。直近7日間の国内新規感染者は、その前の7日間と比べ51.2%増加して19万744人に、新規入院患者も18%増えて1万2,745人まで上昇した(注)。急増の背景として、新型ウイルスの変異種「VUI-202012/01」が関連しているとみられる(2020年12月16日記事参照)。ボリス・ジョンソン首相は12月19日の会見で、「かなり不確かではあるものの、旧来種より最大70%感染しやすい可能性がある」と述べ、政府の初期分析結果を明らかにしている。

こうした状況を受け、ジョンソン首相は同日、イングランドで施行中の3段階での警戒制度に、新たに4段階目の「自宅待機(レベル4: Stay at Home)」を導入。20日からロンドン全域、ケント州、ポーツマスなど、イングランド南東部を中心に、多数の自治体に適用した。3度目のロックダウンで、生活必需品以外の小売店を閉鎖し、レベル4以外の地域との往来も禁止するなど、大幅に規制を強化した(規制の概要は別添資料参照)。首相はさらに、クリスマス期の行動規制緩和(2020年12月1日記事参照)の見直しも表明。レベル1~3地域では予定どおり3世帯の交流を認めるが、期間は23~27日の5日間から25日のみに短縮。レベル4地域では、緩和は中止された。

各自治政府も、各地域における規制を発表している。ウェールズ自治政府は12月19日、28日から全域で適用する予定だった警戒制度の「レベル4」を20日に前倒しすることを発表。飲食店や非生活必需品店舗などが閉鎖された。クリスマス期の緩和は、既に3世帯から2世帯までに緩和の幅を狭めることを発表していたが、イングランドと同じく期間を短縮し、25日のみに制限した。

スコットランド自治政府も12月19日、クリスマス期の世帯間交流を25日のみに制限。3世帯8人までの上限は維持するが、可能な限り最小限とし、面会は屋外で行うよう勧告した。さらに、スコットランドと国内他地域との往来は特別な場合を除き禁止。域内移動は、クリスマス当日のみ許容することとした。26日からは、一部の島しょ部を除く全域を警戒レベル4に引き上げ、生活必需品以外の店舗や飲食店を閉鎖。レベル3、4地域では、同日から地方自治体をまたぐ移動も禁止する。

北アイルランド自治政府は12月18日、飲食店や生活必需品以外の小売店などを12月26日から6週間閉鎖し、さらに同日から2021年1月2日までは午後8時から午前6時まで必需品の店舗営業や集会も禁止する方針を示していたが、他地域の相次ぐ規制強化を受け、これらの措置の前倒しも検討している(「BBC」12月21日)。

(注)新規感染者は12月7~13日と14~20日の、新規入院患者は12月3~9日と10~16日の比較。

(宮崎拓)

(英国)

ビジネス短信 c7450bb16a6adb01

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp