1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. イングランド、全域ロックダウン後の行動規制を発表

イングランド、全域ロックダウン後の行動規制を発表

(英国)

ロンドン発

2020年12月01日

英国のボリス・ジョンソン首相は11月23日、新方針「新型コロナウイルス感染症冬季計画外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を発表した。イングランド全域で施行中のロックダウン(2020年11月2日記事参照)は予定どおり12月2日に解除し、以降は3段階からなる地域別行動規制を再び導入する。2021年3月末まで続ける。警戒レベルごとの新規制の概要は添付資料のとおり。

これを受けて保健省は11月26日、イングランド内の各自治体の警戒レベルを発表。「中」レベルは3地域のみで、「高」にはロンドン全域など、「最高」にはマンチェスターやバーミンガムなどを指定した(政府資料PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)4ページ参照)。

全域ロックダウン下では休業を命じられていた非必需品の小売店、美容院などのパーソナルケア業、ジムやプールといった屋内運動などは、全警戒レベル下で営業が認められる。「高」レベルでも、パブやバーでの酒類のみの提供を禁止することとし、「最高」では、店内営業を禁止するなど一部規制を強化した。これに対し、英国ビール・パブ協会は25日夜、50以上の醸造・パブ事業団体による共同書簡を首相宛てに送付。3万軒以上のパブに壊滅的な影響を与えると政府を強く非難し、助成金額の値上げなどを訴えた。

イングランド以外では、ウェールズ自治政府が11月9日、北アイルランド自治政府が11月19日に、全域ロックダウンを終了した。しかし、いずれも自治体単位での規制ではなく、全域での規制を継続。北アイルランドでは、19日から営業を再開した飲食店や非必需品小売店の店内営業などが11月27日から12月10日まで再び禁止された。スコットランド自治政府は自治体単位での行動規制(2020年11月2日記事参照)を継続するが、域外(イングランド、ウェールズ、北アイルランド)との間の移動と、同地域内のレベル4(最高レベル)と3の間の移動を法律で禁止するなど、対策を強化している。

クリスマス期間や水際対策では緩和も

一方、政府は11月24日、クリスマス期間限定の緩和策も打ち出した。12月23~27日の間、最大3世帯が集まる「クリスマスバブル外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます」を形成し、その中に限って世帯間交流を認めることを発表。期間中は警戒レベルを問わず、全国で移動が許可される(北アイルランドとの往来は前後1日も許容)。

水際対策も一部緩和される。交通省は11月24日、自主隔離免除対象国(Travel Corridors)以外の国・地域からの入国者に課すイングランド入国時の14日間の自己隔離義務について、5日間の自己隔離後の検査で陰性だった場合、隔離を終了できる選択肢を与えることを発表。12月15日から施行する予定だ。

(杉田舞希)

(英国)

ビジネス短信 9bbac28a6dcfc692

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp