1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 新たな経済政策「自立したインド3.0」を発表

新たな経済政策「自立したインド3.0」を発表

(インド)

ニューデリー発

2020年11月17日

インド財務省は11月12日、「新型コロナウイルス禍」に見舞われてから第3弾となる経済対策「Atmanirbhar Bharat Package3.0」(注)を発表外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますした。今回の施策は雇用対策や農家支援、ワクチン開発に係る研究開発センターへの支援など12項目。資本支出を含む総額は2兆6,508億ルピー(約3兆7,111億円、1ルピー=約1.4円)に上る。内容は以下のとおり。

  1. 雇用創出を加速させる新スキーム:従業員積立基金登録企業で新たに雇用された月給1万5,000ルピー以下の従業員と、月給1万5,000ルピー以下で「新型コロナ禍」で失職し、10月1日以降新たに雇用された従業員向けに、中央政府は2年間、従業員積立基金を政府が負担するかたちで補助金を支給する。
  2. 中小企業向けの緊急融資枠保証スキームを2021年3月31日まで延長
  3. 10の主要分野に総額1兆4,600億ルピーの生産連動型インセンティブスキームを導入
  4. 1,800億ルピーをPradhan Mantri Awas Yojana(都市部で手頃な価格の住宅を供給することを目的とし、2015年に開始された計画)に追加供給
  5. 政府入札に係る規制緩和を通じた建設・インフラ産業の支援
  6. 不動産開発者と住宅購入者への所得税控除
  7. 政府のインフラファンド向けに600億ルピーを出資
  8. 農家向けに6,500億ルピーの肥料補助金を支給
  9. 農村部での雇用促進のために1,000億ルピーを追加支出
  10. インド輸出入銀行への300億ルピーの資金供給を通じた輸出促進
  11. 国内の防衛機器、産業インフラ、グリーンエネルギー分野向けに1,020億ルピーの追加支出
  12. 新型コロナウイルスワクチン開発の研究開発センターへ90億ルピー(約126億円)を支出

インド財務省によると、3月に発表した貧困層向けの支援策(2020年3月27日記事参照)、5月の経済対策第1弾(2020年5月20日記事参照)、10月の第2弾(2020年10月21日記事参照)、インド準備銀行(中央銀行)からの支援策などを合わせると、現時点で政府が打ち出した対策の総額は29兆8,764億ルピーになり、この規模は、GDPの15%に当たるという。

これまでの経済対策の進捗状況と今回の第3弾経済政策の詳細、全経済対策の内訳などはインド財務省の発表に係るプレゼンテーション資料PDFファイル(外部サイトへ、新しいウィンドウで開きます)から確認することができる。

(注)Atmanirbhar Bharatはヒンディー語で「自立したインド」の意。

(磯崎静香)

(インド)

ビジネス短信 b259969172b7186a

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp