1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. 日本など9カ国からの入国者、自宅での隔離可能に

日本など9カ国からの入国者、自宅での隔離可能に

(シンガポール)

シンガポール発

2020年10月29日

新型コロナウイルスのシンガポール政府対策タスクフォースは10月27日、日本、エストニア、フィジー、フィンランド、ノルウェー、韓国、スリランカ、タイ、トルコからの入国者について、指定宿泊施設ではなく、自宅での14日間の隔離を認めると発表した。この9カ国からの入国予定者は11月2日から申請でき、同月4日以降の到着から、条件を満たせば自宅での隔離が認められる。

入国者で在宅隔離が認められるのは、(1)入国前に同9カ国に連続して14日間滞在し、(2)隔離する自宅に1人で滞在、または一緒に渡航して隔離する家族と滞在することが条件となる。政府タスクフォースは7月20日から、日本を含む3カ国・地域からの入国者について自宅ではなく、指定宿泊施設での隔離を義務付けていた(2020年7月21日記事参照)。政府タスクフォースが今回、自宅隔離の対象を拡大するのは、腕時計形式の電子追跡端末を幅広く導入する体制が整ったため。同国では8月11日から自宅隔離の全ての人を対象に、隔離期間中の追跡端末の着用を義務付けている(2020年8月7日記事参照)。

同国では10月28日現在、オーストラリア(ビクトリア州を除く)、ブルネイ、ニュージーランド、ベトナムからの入国者については、入国後の隔離義務はない(注1)。感染低リスク国・地域とされる香港、マカオ、中国、マレーシア(サバ州を除く、注2)、台湾から入国したシンガポール国民、永住権保持者、就労パスを含む長期ビザ保有者については、自宅での7日間の隔離義務がある。その他の国々については指定宿泊施設での14日間の隔離となる。政府タスクフォースは世界の感染状況を監視した上で、入国措置をその都度、改定するとしており、最新の入国時の具体的な手続きについては移民局のホームページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照。また、同国が日本を含む各国と結んでいる公務・出張を対象とした「相互グリーン・レーン(RGL)」などの最新の手続き状況は、移民局のセーフトラベルのページ外部サイトへ、新しいウィンドウで開きますを参照のこと。

(注1)オーストラリア(ビクトリア州を除く)、ブルネイ、ニュージーランド、ベトナムからの国民、永住権者、長期ビザ保有者を除く渡航者は、入国前にエア・トラベル・パス(ATP)の取得が必要となる。また、全ての入国者は到着時にPCR検査が義務。

(注2)マレーシア東部サバ州から10月14日午後11時59分以降に入国した全ての人は、指定宿泊施設での14日間の隔離が義務となった。

(本田智津絵)

(シンガポール)

ビジネス短信 84282a2cea5a13b4

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロ・メンバーズ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス班)

  • Tel:03-3582-5176 (平日9時~12時/13時~17時)
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp