1. サイトトップ
  2. ビジネス短信
  3. Eビザ、2021年からロシア全土で利用可能に

Eビザ、2021年からロシア全土で利用可能に

(ロシア)

欧州ロシアCIS課

2020年08月05日

プーチン大統領は7月31日、外国に対するオンラインでの電子ビザ申請(以下、Eビザ)対象地域をロシア全土に拡大する連邦法(2020年7月31日付連邦法第305-FZ号)に署名した。発効日は2021年1月1日。これまで特定地域に限定されていたEビザの利用が連邦全域で可能となる。

連邦法によると、対象となるのはシングルエントリーの業務ビザもしくは観光ビザで、滞在期間は最大16日間。オンラインでの申請後4日以内にEビザが発行される。有効期限は発行日から60日間。申請方法の詳細や、利用可能な国境ポイント、対象となる外国人の国籍は連邦政府が今後決定する。

ロシアにおけるEビザは既に極東連邦管区(2019年5月27日記事参照)、カリーニングラード州(2019年7月2日記事参照)、サンクトペテルブルク市とレニングラード州(2019年10月4日記事参照)に導入されている。極東以外の地域へのEビザ導入は、ロシア全土への適用に向けた試験導入という扱い。ロシア外務省のエフゲニー・イワノフ次官は「カリーニングラード州とサンクトペテルブルク市、レニングラード州に入域するためのEビザは(2019年の導入後)既に約20万件発行されている」と述べ、Eビザの順調な利用拡大を強調している(「コメルサント」紙2月6日)。

今回のロシア全土への適用拡大により、現行の地域限定ルールで発行されたEビザの有効期限は2021年2月3日までとなる。なお、8月4日時点では、新型コロナウイルス感染拡大防止のためEビザの申請・発行は停止されている。

(加峯あゆみ)

(ロシア)

ビジネス短信 98f2563c4b23327c

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
Tel:03-3582-3518
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ジェトロ・メンバーズに関するお問い合わせ

ジェトロメンバー・サービスデスク(会員サービス室)

  • フリーダイヤル(平日9時~12時/13時~17時)
    Tel:0120-124-344
  • 通常ダイヤル
    Tel:03-3582-5176 Fax:03-3582-4572
  • E-mail:jmember@jetro.go.jp