政府が新たに5地域のレッドゾーンを休業措置対象として通知

(バングラデシュ)

ダッカ発

2020年06月25日

バングラデシュ政府は6月22日、新型コロナウイルス対策として6月15日に発表した感染リスク別に応じたゾーン分けと、ゾーン別行動規制(2020年6月18日記事参照)に係る措置として、新たに5地域のレッドゾーンエリアを休業措置対象として通知した。

6月21日に休業措置対象となる10地域を公表したこと(2020年6月24日記事参照)に続き、今回新たに公表したのは5地域だ。フォリドプール(南西部)、ブランモンバリア(東部)、ノルシンディ(北東部)、マニクゴンジ(西部)クシュティア(西部)で、各地域内の休業対象エリアと休業期間を指定している(添付資料:ジェトロ仮英訳資料参照)。

政府は今後も追加の休業措置対象地域を発表する可能性があり、引き続き最新情報の入手が必要だ。

(安藤裕二)

(バングラデシュ)

ビジネス短信 c92d5bf8bb1fb288

ご質問・お問い合わせ

記事に関するお問い合わせ

ジェトロ海外調査企画課
E-mail:j-tanshin@jetro.go.jp

ビジネス短信の詳細検索等のご利用について

ジェトロ・メンバーズ

メンバーズ・サービスデスク(会員サービス班)
E-mail:jmember@jetro.go.jp